<中医学の専門家が教える不妊治療・妊活のはじめ方>男性は座りっぱなしはNG?

<中医学の専門家が教える不妊治療・妊活のはじめ方>男性は座りっぱなしはNG?

出典: FASHION BOX

赤ちゃんがほしい、そう思ってもなかなか思うようにいかず不妊治療や妊活をしているカップルは近年少なくありません。ゆるゆる漢方家の櫻井大典先生は、妊活は女性だけでなく、男性も身体の状態を整えることが大切だと言います。その方法を伺いましょう。

不妊治療のスタートは基礎体温をつけて自分の体と向き合う

結婚や出産の年齢が上がってきた昨今、ストレスを抱えながら忙しく働く現代の女性は、不妊の悩みをもつことも多いのが実情です。不妊の悩みをきっかけに養生に取り組む人も多いですが、中医学では「妊娠しやすい体づくり」を一番に考えます。妊娠を目指す前に、日頃の月経トラブルやむくみ、便秘、ストレスなどが不妊の原因となっていないか、見直します。また、体の状態やホルモンバランスの変化を捉えるために基礎体温を調べることは欠かせません。朝起きたら、活動を始める前に測るのがよいですが、今は体温計で記録できたり、スマホのアプリを活用することも。昔ながらの中医学と、現代の知恵の両方を活かし、無理なく自分の体と向き合って不妊治療をしていきましょう。

【オススメ記事】
つらすぎる生理痛を“養生”で改善! 強い生理痛の原因は砂糖かも!?
腰痛別の対処法はコレ! 急性は「冷やす」・慢性は 「じんわり温める」

男性の妊活はクルミやクコの実を食べ、
精巣の温度を上げないこと

今や“妊活”は女性だけの問題ではありません。不妊の原因が男性にあるケースも。一般に女性が妊娠できる年齢に比べて、男性のほうが比較的長く「妊娠させる力」をもつことができます。しかし、卵子と同じように、精子も老化します。精子に求められるのは、卵子まで到達できるくらい元気で正常な精子が多いことです。そこで重要なのは生殖を司る「腎」の働きです。腎を補うクルミやクコの実などを積極的に。また、精子は熱に弱いため、体温よりも低い温度を保つのが望ましく、そのために精巣は外にぶら下がる構造になっています。ですから自転車やバイクに長時間乗ったり、座りっぱなしはよくありません。また、下着も風通しのいいトランクスがベストでしょう。

<中医学の専門家が教える不妊治療・妊活のはじめ方>男性は座りっぱなしはNG?
出典: FASHION BOX

【オススメ記事】
不眠に効く“養生”を専門家に聞いた! 眠れないときはスクワットがよい?
風邪は種類別にケアが必要? 対策はスピードが命!

このコンテンツの監修者は……

<中医学の専門家が教える不妊治療・妊活のはじめ方>男性は座りっぱなしはNG?
出典: FASHION BOX

ゆるゆる漢方家 櫻井大典(さくらい・だいすけ)
【Profile】
国際中医専門員。年間5000名以上の相談をこなす漢方専門家。アメリカ・カリフォルニア州立大学で心理学や代替医療を学び、帰国後、イスクラ中医薬研修塾で中医学を学ぶ。中国・首都医科大学附属北京中医医院や雲南省中医医院での研修を修了し、国際中医専門員A級資格取得。日本中医薬研究会に所属し、同志と共に定期的に漢方セミナーを開催。中医学の振興に努めている。SNSにて日々発信されるやさしくわかりやすい養生情報は、これまでの漢方のイメージを払拭し、老若男女を問わず新たな漢方ユーザーを増やしている。おもな著書に『ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方』(ナツメ社)、『つぶやき養生』(幻冬舎)、監修書に『食べる漢方』(マガジンハウス)、『ゆるゆる健康法』(KADOKAWA)などがある。
公式Twitterアカウント@PandaKanpo

【オススメ記事】
<舌で今すぐ内臓の状態をチェック>色、苔の様子、歯形の有無で健康かどうかがわかる!

(抜粋)

<中医学の専門家が教える不妊治療・妊活のはじめ方>男性は座りっぱなしはNG?
出典: FASHION BOX

TJ MOOK『祖父の代からの漢方家で育った私が教える ゆるっと養生』
監修/櫻井大典

編集・制作/株式会社レクスプレス、杉浦美佐緒
イラスト/michi
WEB編集/FASHION BOX
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
【よく読まれている記事】
[雑誌付録まとめ 12月下旬発売]スヌーピーとお金を貯めよう! お得な付録を大盤振る舞い!!
コストコが年会費4400円なしで利用できる! 3つのお得な方法
[雑誌付録まとめ 12月上旬発売]ムーミン壁掛け時計などクオリティの高さに驚くモノばかり!
[ハンドクリーム]ランキングBEST5! 保湿力・使用感・香りも厳選
え、ちょ、これ……ヤバくない? マジで【笑える画像集】
肩甲骨はがしとマッサージで肩こり解消! 足裏マッサージとストレッチ まとめ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ