低糖質生活を手軽に実践! 簡単に作れる糖質オフ&高タンパクレシピ まとめ

出典: FASHION BOX

糖質控えめメニューや高タンパク食品など、食生活の改善方法が注目を浴びてます。「低糖質の食事にするだけで太りにくい体になれる」と話題の糖質オフダイエット。

でもやみくもに炭水化物を抜けばいいというものではありません!

今回はモデルやトレーナーも食べている低糖質メニューや、正しい糖質カットの実践法をご紹介します。

厚揚げ&マヨネーズもOK。しっかり食べて20kgやせた! 糖質オフ10分ごはんレシピ集

※本記事は2018年8月1日に初掲載されました

ここ数年、人気のダイエット法といえば、最初にあがるのが「糖質オフダイエット」。「ごはんを食べないようにしたらやせた」「パンやパスタなど炭水化物は厳禁です!」など、あたかも糖質の多い食品さえやめればやせられるかのような発言が、SNS上でも氾濫しています。

 

でも、「単純に糖質を摂らないことが『糖質オフ』というのは大きな間違い。代わりとなる栄養をバランスよく、たっぷり摂ってこそキレイを保つことができます」というのは、管理栄養士で低糖質料理研究家の麻生れいみさん。

 

もっとも「栄養をバランスよく、たっぷり摂る」なんて聞くと、食事の準備が大変そう……と思う人も多いのでは? そんなあなたにもオススメ、すぐにできる糖質オフメニューが満載のレシピブックが登場しました。それが、麻生れいみさんの『20kgやせた! 10分ごはん』です。

 

(引用:TJ MOOK『20kgやせた! 10分ごはん』)

著者:麻生れいみ

現在54歳、身長160cmで体重45kgをキープしている麻生さん。しかも髪はツヤツヤ、化粧水と乳液だけでOKの美肌に加え、むくみもないスラリとした美脚なのです。

 

そんな美しい体形をキープしている麻生さんですが、30代後半には体重が65kgもあったのだそう。ところが、37歳で「冷しゃぶ」にはまり、1日3食冷しゃぶ生活を続けたところ3カ月で体重10kg減! その後は季節とともに鍋にシフトしても体重が落ち続け、健康的に計20kgやせたのだそうです。

のちに管理栄養士になった麻生さん。自分の食生活が理想的な「糖質オフ」生活だったことに気づいたのです。

本書では、麻生さん自らの経験をもとに、・スピード仕上げ ・洗い物が少ない ・時短&味つけいらず と、いいことずくめの「麻生式『糖質オフ』の10分ごはん」を大公開。

 

>>-20Kgも夢じゃない!? 麻生さん直伝糖質オフレシピをもっと見

text/P.M.A. Tryangle

「ストレスなく2カ月で6キロやせ!? 「低糖質スープ」ダイエットのコツ

※本記事は2019年2月5日に初掲載されました

体重計に乗ってため息をついているあなた! 野菜ソムリエプロ・Atsushiさん考案の「低糖質スープ」で楽しくダイエットを始めませんか?

Atsushiさん自身も2カ月で6キロやせたという、気になるスープダイエットの魅力とは?今すぐマネできる食事法やダイエットルールをお教えします。

 

■Atsushi流ダイエットルール

1.野菜とフルーツ、タンパク質をたっぷりと

野菜とフルーツに含まれる酵素、ビタミン、ミネラルを積極的に摂取することを意識しています。細胞から元気にし、老廃物をため込まない巡りのいい体になっていくのです。さらに、昼、夜はかならずタンパク質を摂取して、筋肉量を落とさず、代謝のいい体に。

 

2.水分をたっぷりと

朝からお昼過ぎまではレモンウォーター(1L~1.5L)、その他には、ブラックコーヒー、コーン茶、緑茶、ハーブティーなどを、こまめに飲むように意識しています。市販の甘いジュース類は一切飲みません。

 

そして、Atsushiさんが毎日の食事に取り入れたのは、野菜たっぷりの低糖質スープ。外食をしたり、毎日お酒も飲みながらも、“魔法のスープ”(低糖質スープ)でラクラクダイエットに成功。そんなAtsushiさんの1日の食生活に密着してみました。

■Atsushi’s time schedule

●朝食(8:00):朝は酵素&ビタミンCを摂取

朝は体の排泄機能が高まっている時間帯。酵素、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なフルーツは、消化に負担をかけず、毎朝の排泄機能を促進してくれます。フルーツの糖質(果糖)は、満足感が続き、お昼までお腹がすきにくくなりますし、すぐにエネルギー源に変わります。レモンウォーターで、朝のデトックス、むくみもスッキリします。

●昼食(12:00):自宅にいるときはスープを

空腹が激しいときはスープをおかわりしてもOK。

 

>>間食や夕食はどうしている? モデルが実践する食生活をもっと見

2カ月で6キロやせる!? 低糖質さば缶スープのレシピを伝授!

※本記事は2019年2月6日に初掲載されました

今年こそスリムな体を手に入れたい!と思っている人におすすめしたいのが、野菜ソムリエプロ・Atsushiさん考案の「低糖質スープ」。これが我慢せずにラクにやせられると話題なんです。

 

洋風、和風など種類もさまざまで、その数なんと40種以上! その中から今回は「ポタージュスープ」をご紹介します。使うのは、2018年にブームを巻き起こした「さば缶」と、濃厚な味わいが特徴の「さといも」です。

 

■ポタージュは、牛乳ではなく豆乳で!

色味がきれいで目でも楽しめるポタージュは、とにかく簡単! たっぷりの具材が合わさって栄養も腹持ちも抜群。タンパク質が豊富で美容効果の高いイソフラボンやペプチドなどを含む豆乳を使えば、ビタミンB群の働きで代謝アップが期待できます。また、栄養価が高く低カロリー、スープに入れるとクリーミーな味わいになり、腹持ちも美味しさも格段にアップ!

>>プロ直伝の豆乳スープ 材料&作り方をもっと見る

 

(引用:『#モデルが撮影前に飲んでいる 魔法の即ヤセ低糖質スープ』)

混ぜて焼くだけで低糖質パンが作れる!? 料理苦手女子に教えたい手間の省きどころ

※本記事は2019年3月28日に初掲載されました

料理にかかる手間を少しでも減らせたら助かりますよね。東洋医学ライフクリエーターの島田淑子さんは、「実は料理が家事の中でいちばん苦手で、できるだけ手間を省きたい」と話します。彼女が実践している料理の“手間のかけどころ・省きどころ”を教えていただきました。

 

■教えてくれたのは……

東洋医学ライフクリエーター

島田淑子さん

鍼灸師・国際中医薬膳師・日本かっさ協会・東洋医学ライフクリエイティブ協会会長。2014年に北鎌倉に「気流LABO」をオープンし、発酵・低糖質食や東洋医学を柱にした生活全般をプロデュースしている。

 

■【手間を省く】発酵の力で肉の旨みがたっぷり

甘酒で発酵させた肉と漬け汁、丸ごとの野菜を鍋で煮込んで味つけしただけの“ブレゼ”。

「鍋が仕事をしてくれて、2時間煮込むとトロトロに」

 

■【手間を省く】混ぜて焼くだけの低糖質パン

「こねナシ、発酵ナシ」の大豆粉を使った簡単パン。大豆粉とグルテン、アーモンドバター、ゴマ油などを混ぜてこねて焼き、30分でできあがり。

>>手軽に実践できるヘルシー食生活アイデアをもっと見る

 

(大人のおしゃれ手帖編集部)
photograph/Sachie Abiko
text/Mizuki Sakaguchi
edit/Risa Sato[vivace]

脚を組んだ方がやせる!?  ダイエットの効率をもっと上げる+α

※本記事は2019年3月18日に初掲載されました

気になるお腹、太もも……。でも、その部位ばかり鍛えても、理想のボディは手に入りません。やせやすいからだを作るためには、トレーニング以外の時間も大切です。食生活や日常の行動を見直し、正しい習慣を実践しましょう! 大人気トレーナー佐久間健一さんに教わりました。

 

■教えてくれたのは……

 

ボディメイクトレーナー

佐久間健一さん

ボディメイクスタジオ「Charm Body」代表。ミス・インターナショナル日本代表から一般の方まで、幅広くボディメイクを行う。120万部の大ヒットを記録した著書の第2弾『体幹リセットダイエット 究極の部分やせ』(サンマーク出版)も刊行。

 

■《POINT 1》

食事の回数が多いほうが基礎代謝が上がる!

内臓を動かしたり体温維持に使われるエネルギーを『基礎代謝』といいますが、基礎代謝の約半分は、食べ物の消化吸収によるもの。つまり、食べないと基礎代謝は低下してしまいます。そして、食事の回数が増えれば、内臓が消化吸収をし続けるので、基礎代謝も上がります。

 

■《POINT 2》

朝食抜きは、筋肉量の低下を招く。寝起き30分以内に摂取を!

寝起きのからだは空腹なので、エネルギーが残っていません。すると、からだは筋肉を分解してエネルギーを作り出します。つまり、朝食を抜くことは、代謝に不可欠な筋肉を減らしてしまうということ。そうならないためには、起床後できるだけ早く食事をとることが大切です。

>>ちょっとの生活改善で代謝アップのコツをもっと見る

 

(& ROSY編集部)
illustration/NATSUKI MINAMI
text/YOKO KAKINUMA
edit/RISA SATO[vivace]
文・編/FASHION BOX
※ 本記事は『TJ MOOK 20kgやせた! 10分ごはん』『#モデルが撮影前に飲んでいる 魔法の即ヤセ低糖質スープ』『大人のおしゃれ手帖』『& ROSY』に掲載された過去の記事を再編集したものです
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ