肥満専門医が直伝!ダイエットを続ける秘策は1日1回の“お腹フルフル”

肥満専門医が直伝!ダイエットを続ける秘策は1日1回の“お腹フルフル”

出典: FASHION BOX

欲張りだとわかっていても、ダイエットの効果はすぐに出てほしいもの。だけど、なかなかすぐに効果が出ないのも現実。そうすると、どんどんダイエットへのモチベーションも下がっていってしまいます。吉田俊秀先生がダイエットを継続させるための2つの秘策を教えてくださいました。

このコンテンツの監修者は……

肥満専門医が直伝!ダイエットを続ける秘策は1日1回の“お腹フルフル”
出典: FASHION BOX

吉田俊秀(よしだとしひで)
医療法人 親友会 島原病院 肥満・糖尿病センター長
医学博士/京都府立医科大学客員教授

【Profile】
京都府立医科大学医学部卒業。アメリカ・カリフォルニア大学、アメリカ・南カリフォルニア大学にて、Bray教授のもとで肥満研究と肥満治療を学ぶ。京都府立医科大学付属病院教授、京都市立病院糖尿病・代謝内科部長を経て、現職。日本肥満学会功労評議員(専門医・指導医)、日本肥満症治療学会評議員、日本糖尿病学会功労評議員(専門医・指導医)、日本内分泌学会功労評議員、日本内科学会近畿地方会評議員(認定内科医)。おもな著書に『糖尿病、あきらめたらアカンで!』(宝島社)、『糖尿病を自力で治す最強療法』(マキノ出版<寄稿>)、『肥満の遺伝子がわかった 最新肥満医学が明らかにした究極のダイエット法』(ごま書房)、『キャベツ 夜だけダイエット』(アスコム)など多数。

【オススメ記事】
糖尿病になっても諦めないで! 改善できる糖尿病があるってホント!?

ダイエット継続のコツは鏡チェックとおなか振り

食事を変え、毎日、体を動かしていてもなかなか成果を感じなければ、どうしてもやる気はなくなっていくもの。日々の変化、成果を感じることもダイエットを継続するモチベーションにつながります。体の変化やダイエットの成果を感じるためにも、毎日“鏡チェック”と“おなか振り”を行ってみましょう。

鏡チェックとは、その名のとおり、鏡で自分の体をチェックすること。脱衣所などに大きな鏡を置いておけば、お風呂に入るときやお風呂上がりにチェックすることができます。

おなか振りとは、お風呂に入った際、おなかのお肉を自分でつかんでプルプルと振ることです。自分の手で触ることで意識がおなかに向くだけでなく、かたくなった脂肪をほぐすことができるので、脂肪がやわらかくなり、落ちやすくなるという効果が期待できます。

【オススメ記事】
ウォーキングが肝だった! 血管がよろこぶ運動習慣

鏡チェックで体の変化を確認!

肥満専門医が直伝!ダイエットを続ける秘策は1日1回の“お腹フルフル”
出典: FASHION BOX

脱衣所などに全身が映るような大きな鏡を置き、お風呂の際に鏡をチェックしてみましょう。正面からだけでなく、横から、ななめから、うしろ姿とくまなくチェックすることも大切です。正面から見るとあまり変わらないけれど、横から見たらぽっこりおなかが少しすっきりしてきた! ということもあります。

また、おなかだけでなく、脂肪がつきやすい二の腕や足、顔まわりなどもチェックするといいでしょう。上半身の運動を多く取り入れている人は、腕に効果が出やすいですし、足の運動を行っている人は足のむくみが取れたり、引き締まってきたりしているはずです。

日々の努力がどう反映されているかを鏡でチェックし、やる気を継続させましょう!

【オススメ記事】
最初の症状は神経障害!? 油断できない糖尿病の三大合併症

おなか振りで意識づけ&脂肪をほぐす!

肥満専門医が直伝!ダイエットを続ける秘策は1日1回の“お腹フルフル”
出典: FASHION BOX

お風呂に入っているときに、1日5分でいいのでおなかをつかんでプルプルと振ってみましょう。両手でおなかのお肉をしっかりつかんで上下にゆらすようにするのです。下腹だけでなく、胃のあたりやわき腹などできるところはすべてゆらしてみましょう。自分の手でつかむことで、自然とおなかに意識が向き、効率的に動かすことができるようになります。

また、つかんでみるとわかりますが、最初は脂肪がかたいと感じるはずです。凝りかたまった脂肪も続けていくうちにやわらかくなり、落ちやすくなっていきます。

この時間を使っておなかをフルフルしながら1日を振り返ってみるのもいいでしょう。

【オススメ記事】
[医師が教える健康法] 毎日の食事に1片のブルーチーズを取り入れるだけ!
減量のキモは本人のやる気! 医師直伝のやる気が続くダイエット

(抜粋)

肥満専門医が直伝!ダイエットを続ける秘策は1日1回の“お腹フルフル”
出典: FASHION BOX

TJ MOOK『肥満外来専門医が教える! 糖尿病を自分で治す本』
監修:吉田俊秀

構成・文/小山暢子
イラスト/ふじいまさこ
WEB編集/FASHION BOX
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
【よく読まれている記事】
ダイエットは朝ごはんがカギ! 朝にとるべき食事とは
突然死のリスクを下げる! 医師に聞いた、血管力を高める食べ方
つらい更年期障害の“ほてり”を撃退! 自律神経を整えるツボ
筋力が落ちたと嘆く前に……「渡辺式小分け歩き」で目指せ筋力アップ!
この肩こり、どうにかしたい……寝る前の肩甲骨はがし運動がおすすめ
菓子パンやスナックは要注意! ドロドロ血液をサラサラにする食事

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ