血糖値・血圧・コレステロールを下げるならラム肉を食べるべきかも?

血糖値・血圧・コレステロールを下げるならラム肉を食べるべき?

出典: FASHION BOX

糖尿病・高血圧・脂質異常症(高コレステロール・中性脂肪)は、食事や運動、喫煙などの日頃の習慣によって起こる生活習慣病です。生活習慣病は合併症を引き起こしたり、日本人の3大死因のがん、脳血管疾患、心臓病を招いたりします。
血糖値・血圧・コレステロールを気にする方におすすめしたいのがラム肉だと、医学博士の板倉先生は言います。ラム肉にはどんなメリットがあるのでしょう?

このコンテンツの監修者は……

板倉弘重(いたくら・ひろしげ)
【Profile】
医学博士。芝浦スリーワンクリニック名誉院長、品川イーストワンメディカルクリニック院長。東京大学医学部卒業。同大学第三内科講師、国立健康・栄養研究所臨床栄養研究部長を経て、現職。赤ワインなどに含まれるポリフェノールの抗酸化作用を世界で最初に発見。著書、監修書は『ズボラでも脱糖尿病 血糖値 上がらないのはどっち?』(アスコム)、『日常生活のちょっとした工夫で血圧、血糖値は下がる!』(アントレックス)、『大丈夫! 何とかなります 血糖値は下げられる』(主婦の友社)など多数。

【オススメ記事】
卵と肉で内臓脂肪を落とす! 医師直伝の食生活

L-カルニチンが体脂肪を燃やす! 肉類ではラム肉がベスト

ラム肉は独特の香りがあることから好き嫌いが分かれる食材ですが、さまざまな健康効果があり、注目されています。生後1年未満の羊肉がラム、生後2年以上経過したものがマトン。ラムのほうが臭みが少なく、たんぱく質量も多いです。

ラム肉に多く含まれるアミノ酸の一種のL-カルニチンは、余分な脂肪の燃焼を促して体に溜まりにくくする働きがあり、運動効果を高めるため肥満予防にもなります。さらに、貧血を予防する鉄分もたっぷり含むうえ、カロリーも低く、最近ではスーパーマーケットでも購入しやすくなりました。

調理の際は、油で炒めるよりも余分な脂が落ちるグリルや網焼き、あるいは蒸したりゆでたりするとさらにヘルシーに。ほかの肉類と同様、ラム肉もたっぷりの野菜と一緒に食べる、野菜から先に食べるというルールを守ってヘルシーにおいしく食べることを楽しみましょう。

血糖値・血圧・コレステロールを下げるならラム肉を食べるべきかも?
出典: FASHION BOX

【オススメ記事】
三大生活習慣病を引き起こす! 放置した内臓脂肪に潜む危険な病

《ラム肉はダイエット食》

ラムは生後1年未満の仔羊のことで、2年以上をマトンといいます。羊肉のL-カルニチンの量は牛肉の数倍にもかかわらず、カロリーは牛肉の3分の2程度。ダイエットと血糖値コントロールが気になる現代人にはうれしい食材です。

【オススメ記事】
ひと口10回は意識して! 医師がすすめる “よく嚙んで食べる”食事法

《ラム肉のメリット》

・運動効果を高める
・脂肪になりにくい
・内臓脂肪を燃やす

【オススメ記事】
[医師が教える健康法] 毎日の食事に一片のブルーチーズを取り入れるだけ!

《ラム肉の注目ポイント》

☆鉄分・亜鉛
ラム肉には乾燥プルーンと比べて100gあたりの鉄分が約6倍含まれているので、貧血気味の人にもおすすめです。亜鉛などほかのミネラルも豊富で体を温める作用があり、冷え性の人は肉類ならラムを選ぶのがベスト。

☆ビタミンB群
豚肉のイメージが強いビタミンB群ですが、ラム肉にも豊富に含まれています。とくに脂肪を効率よくエネルギーにしてくれるビタミンB2は、豚肉や牛肉よりも多く含むので、ダイエット食材としても優秀です。

☆低カロリー
ラムはヘルシーというイメージがありますが、これは含まれている脂質が関係しています。ラム肉はほかの肉類と違い、不飽和脂肪酸を含みます。そのため、血栓や動脈硬化を予防し、血圧を下げるなどの効果があります。

【オススメ記事】
医師が推奨する高血圧を防ぐ「ふくらはぎマッサージ」

(抜粋)

血糖値・血圧・コレステロールを下げるならラム肉を食べるべきかも?
出典: FASHION BOX

TJ MOOK『血糖値・血圧・高コレステロールを下げる食事術100』
監修:板倉弘重

編集・ライティング:山口未和子
WEB編集:FASHION BOX
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
【よく読まれている記事】
その兆候、ヤバいかも……日本人の4人に1人の命を奪う血管病のサイン
最悪の場合、死に至る! 血管病リスクを高める悪の5大要素
肩甲骨はがしとマッサージで肩こり解消! おすすめ足裏マッサージとストレッチ まとめ
あなたの心の不調の原因は鉄不足かも? 鉄欠乏性貧血チェックリスト
【1日に必要なたんぱく質の量】豆腐なら6丁・銀サケなら切り身5枚も!?
たんぱく質が不足すると心の栄養も足りなくなる? うつを予防する食事

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ