三大生活習慣病を引き起こす! 放置した内臓脂肪に潜む危険な病

三大生活習慣病を引き起こす! 放置した内臓脂肪に潜む危険な病

出典: FASHION BOX

私たちのお腹の中についてしまう脂肪のことを内臓脂肪といいます。実はこの内臓脂肪を放置していると、体に様々な悪影響を及ぼします。三大生活習慣病と呼ばれている病気を引き起こす可能性もあるのです。

教えてくれたのはこの方

三大生活習慣病を引き起こす! 放置した内臓脂肪に潜む危険な病
出典: FASHION BOX

栗原 毅(くりはら たけし)
1951年新潟県生まれ。医学博士。北里大学医学部卒業。栗原クリニック東京・日本橋院長。前慶應義塾大学特任教授、前東京女子医科大学教授。主な著書・監修書に『誰でもスグできる! みるみるコレステロールと中性脂肪を下げる200%の基本ワザ』『誰でもスグできる! 肝機能をみるみる高める200%の基本ワザ』(ともに日東書院本社)、『血液サラサラで美人になる!』(マガジンハウス)、『糖尿病の食事はここだけ変えれば簡単にヘモグロビンA1cが下がる』『〈卵と肉〉が糖尿病に効く!』(ともに主婦の友社)、『1日25gのチョコが効く! 脂肪肝はちょっとしたコツでラクラク解消する』『“糖質ちょいオフ”で今すぐできる! 中性脂肪を自力でみるみる下げるコツ』(ともに河出書房新社)、『ズボラでも中性脂肪・コレステロールは下げられる!』(宝島社)など。

【オススメ記事】
あの「貧乏ゆすり」が血糖値上昇もエコノミークラス症候群も予防する!?

もっとも発症の確率が高いのは三大生活習慣病

内臓脂肪を放置すると、三大生活習慣病と呼ばれている「脂質異常症(ししついじょうしょう)」、「高血圧」、「糖尿病」を引き起こします。発症すると、血液・血管の状態が悪化する「動脈硬化(どうみゃくこうか)」が進行し、脳梗塞(のうこうそく)や心筋梗塞(しんきんこうそく)といった血管病を引き起こします。血管病は10年単位の長い時間をかけて、自覚症状がないまま進行する恐ろしい病です。

3つのうち、ひとつを発症すると、血管病の危険度が5.1倍に、2つが重なると危険度が9.7倍に、3~4つ重なると危険度は31.3倍に跳ね上がります。

1. 脂質異常症(ししついじょうしょう)

三大生活習慣病を引き起こす! 放置した内臓脂肪に潜む危険な病
出典: FASHION BOX

中性脂肪値とコレステロール値の異常からくる危険な病
動脈硬化への大きな危険因子。血液中の中性脂肪やコレステロールが多すぎる、または少なすぎる状態。LDLコレステロールとは、全身の細胞へ運ばれる途中のコレステロールのこと。HDLコレステロールとは、細胞で使用されず、あまったコレステロールのこと。2種がバランスよく保たれているのが正常で、増えすぎた中性脂肪はそのバランスを崩します。

三大生活習慣病を引き起こす! 放置した内臓脂肪に潜む危険な病
出典: FASHION BOX

【オススメ記事】
足がつりやすい、むくみやすい人必見! 血流を滞らせない座り方&寝方

2. 高血圧

三大生活習慣病を引き起こす! 放置した内臓脂肪に潜む危険な病
出典: FASHION BOX

脳や心臓の血管に負担がかかり続ける危険な状態
「血圧」とは、血液が流れるときに、血管の壁を内側から押す力のこと。中性脂肪の増加などが原因で、この力が通常より強い状態が続くことを「高血圧」といいます。放置すると、血液を送り出す心臓への負担が増え、血管も高い圧力に耐えるために柔軟性を失い、破裂などの危険性が高まります。

三大生活習慣病を引き起こす! 放置した内臓脂肪に潜む危険な病
出典: FASHION BOX

【オススメ記事】
臓器につく脂肪が一番危険! 医師が教える脂肪が増える仕組み

3. 糖尿病

三大生活習慣病を引き起こす! 放置した内臓脂肪に潜む危険な病
出典: FASHION BOX

血糖の量を調整するホルモン「インスリン」の分泌が不足する
血液中の糖が増えすぎた状態を「高血糖」といい、その数値がある一定のレベルを超えてしまうと「糖尿病」と診断されます。増えすぎた内臓脂肪は、その原因となります。糖尿病になると、血糖の量を管理するホルモン「インスリン」が不足し、糖の代謝ができず、高血糖の状態が続きます。すると、血液中にあふれる糖によって血管が傷つき、動脈硬化が進行していきます。

三大生活習慣病を引き起こす! 放置した内臓脂肪に潜む危険な病
出典: FASHION BOX

糖尿病の三大合併症
糖尿病を放置し、悪化させると、糖尿病の三大合併症といわれる神経障害(体にしびれや痛みが出る)、網膜症(もうまくしょう/視力の低下)、腎症(じんしょう/腎機能の低下)を引き起こします。また、アルツハイマー型認知症の原因にもなります。

【オススメ記事】
痛すぎる生理痛がなくなる!? 六本木の駆け込み寺に聞いた対策法
40代前半でも“更年期”かも? チェック表で重症度をセルフ診断

(抜粋)

三大生活習慣病を引き起こす! 放置した内臓脂肪に潜む危険な病
出典: FASHION BOX

TJ MOOK『決定版! 内臓脂肪を落とす名医のワザ』
監修:栗原 毅

編集・執筆/株式会社はる制作室、真瀬 崇、坂本夏子
編集・執筆協力/常井宏平
本文イラスト/仲西 太、桜井葉子
撮影/中川晋弥
イラスト・写真協力/Shutterstock、photolibrary
WEB編集/FASHION BOX
TJ MOOK『決定版! 内臓脂肪を落とす名医のワザ』
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
【よく読まれている記事】
この肩こり、どうにかしたい……寝る前の肩甲骨はがし運動がおすすめ
そろそろ夏の疲れで倦怠感が……寝る前に押すと朝すっきり目覚めるツボ
医師が推奨する高血圧を防ぐ「ふくらはぎマッサージ」
30代以上の女性はほぼ全員発症!? 血管の病気「下肢静脈瘤」とは
菓子パンやスナックは要注意! ドロドロ血液をサラサラにする食事
毎日5分やるだけでむくみが改善! ほぐしストレッチで血流アップ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ