大股歩きがデリケートゾーンのにおいに効果あり?大人が気をつけたい膣ケアのポイント

出典: FASHION BOX

ライフスタイルや体の変化などさまざまな影響を受ける大人の女性がケアしたい、膣のにおいについて解説。女性ホルモンの減少が原因なので、サプリメントで女性ホルモンを補うのも有効。洗いすぎにも注意。

教えてくれたのは……

出典: FASHION BOX

桐村里紗先生
内科医・認定産業医。予防医学を重視し、最新の分子整合栄養医学や生命科学、常在細菌学などをもとに、講演や執筆など行う。著書に『日本人はなぜ臭いと言われるのか』(光文社)がある。

【膣のにおい】

専用のソープでやさしく洗ってケアを
女性ホルモンの減少が原因なので、加齢臭と同様、エクオールで女性ホルモンを補うのも有効。洗いすぎにも注意。

● デリケートゾーン用ソープを使う

デリケートゾーンを守ってくれる低刺激処方でありながら、汚れをしっかり落とせる専用ソープがおすすめ。ビデの使いすぎにも注意。

出典: FASHION BOX
ベアウォッシュ 200mL ¥1,800/デリシャスボディ お客様相談室

雑菌や皮脂酸化を抑える成分を配合したソープ。

● 脚をしっかり動かす

意識して大股で歩くなど、しっかり脚を動かす習慣で、太ももから骨盤のあたりの腸腰筋が鍛えられる。血流がよくなり膣の乾燥の予防に。

● 内転筋を鍛える筋トレも効果的

両脚の内ももにある内転筋に力を入れて肛門を締める筋トレで骨盤底筋を鍛えると、血流が促され、膣や子宮の冷えを改善できます。

その他のケアもチェック!
“なんだかクサい……”と思われないために!加齢臭を防ぐ対策
自分じゃ気付かない“口臭”を予防するマッサージと歯磨きのコツ
汗をかかない人は要注意!汗臭を遠ざける2つのポイント
頭皮臭には“休プー”⁉︎洗いすぎないシャンプーの始めかた

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
text_Mie Minezawa
edit_Risa Sato[vivace], FASHION BOX
(大人のおしゃれ手帖 2019年5月号)

【いま読まれている人気記事】
自分のデリケートゾーンを観察!女医が教える膣ケア
これ病気!?誰にも聞けない婦人科系トラブルQ&A
ラップで冷凍保存はNG!?パンをおいしく食べるコツ
女医が教えるデリケートゾーンの正しい洗い方
吉川ひなの、LA私生活と子ども連れショット公開
30分で見違える!プロが教える玄関掃除テク

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ