「熱い飲みものはがんの原因になる」って本当?教えて、お医者さん!

「熱い飲みものはがんの原因になる」って本当?教えて、お医者さん!

出典: FASHION BOX

「熱い飲みものを無理やり飲むと、がんになりやすくなる」という説を、どこかで聞いたことはありませんか?
今や、2人に1人はがんにかかるといわれる時代。がんは“怖い病気”というイメージですし、できることならかかりたくない!
そこで熱い飲みものとがんの因果関係を、「近藤誠がん研究所」の所長、近藤誠さんに教えてもらいました!アルコールとがんの関係も聞いておきましたよ。

【オススメ記事】
「コゲたものを食べるとがんになる」って本当?医者に聞いてみた!
「いい人はがんになりやすい」って本当?医者に聞いてみた!
“がん家系さん”に朗報!? 医師曰く「ほとんどのがんは遺伝しない」!
健康診断のレントゲン被ばくでがんになるって本当?医師に聞いた!

 

Q. 「アルコール」や「熱いもの」はがんの原因になる?

アルコール(飲酒)が発がんリスクを高めるとWHO(世界保健機関)が指摘するものに、肝臓がん、咽頭(いんとう)がん、食道がん、乳がん、大腸がんなどがあります。そのうち、飲酒がはっきり発がん原因となるのは肝臓がんです。大酒を飲んでいると、まずアルコール性肝硬変になり、次に肝臓がんになることが多々あります。

これに対し、咽頭がん、食道がん、乳がん、大腸がんなどでは、ほかにも発がんリスクを高める因子があります。たとえば咽頭がんや食道がんではタバコですし、大腸がん、乳がんでは“ビア樽型(だるがた)”の肥満との関係が深い。そのため、これらのがんでは、アルコールだけで発がんリスクが高くなるかどうか、判定が難しい。

他方でアルコールには利点もあり、大規模な住民調査では、適度の飲酒は死亡率を下げることが知られています。
熱い食べものについては、朝食に熱い茶がゆをすする習慣がある地方では、食道がんの発生が多いとの説がありました。

ただ、食道がんの発生原因としてはタバコがあり、それに茶がゆがどの程度からんでくるかは不明です。

理論的に考えてみると、食道粘膜の場合、がん化する可能性がある正常細胞は、粘膜のいちばん深いところにあります。熱いものが食道を通ると、粘膜表面はヤケドするかもしれませんが、食べたものはさっと通り過ぎるので、粘膜のいちばん奥にある細胞が熱の影響を受けるかどうかは、かなり疑問です。

結論として、熱いものを食べるとがんになりやすいという証拠はない、と言えます。

「熱い飲みものはがんの原因になる」って本当?教えて、お医者さん!
出典: FASHION BOX

【オススメ記事】
肉ばかり食べているとがんになる」って本当?
おなかにいいはずの納豆はNGだった!? 過敏性腸症候群を改善する食事法

 

A. 飲酒が発がん原因とはっきり言えるのは肝臓がんだけです。

また、熱いものを食べるとがんになりやすいという証拠は、今のところありません。

【オススメ記事】
パンを減らすとお腹が健康に!? 便秘解消に近づく5つの生活習慣
「肉ばかり食べているとがんになる?」って本当?医師に直撃!
医師が教える!職場での健康診断を最小限で済ます裏ワザ

【教えてくれたのは…】
近藤誠(こんどう まこと)
1948年、東京都生まれ。「近藤誠がん研究所」所長。73年、慶應義塾大学医学部卒業。76年、同医学部放射線科に入局。83~2014年、同医学部講師。12年「乳房温存療法のパイオニアとして抗がん剤の毒性、拡大手術の危険性などの啓蒙を続けてきた功績」により第60回菊池寛賞受賞。13年、東京・渋谷に「近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来」(https://kondo-makoto.com)を開設し、6年間で9000組以上の相談に応えている。『がん放置療法のすすめ』(文春新書)、『医者に殺されない47の心得』(アスコム)、『最高の死に方と最悪の死に方』(宝島社)、『眠っているがんを起こしてはいけない。』(飛鳥新社)、『このクスリがボケを生む!』(学陽書房)ほか著書多数。

(参考)

宝島社新書「医者が教える『がん』にならない30の習慣」
出典: FASHION BOX

宝島社新書「医者が教える『がん』にならない30の習慣」
著者:近藤誠
企画・編集協力/日高あつ子
https://tkj.jp/book/?cd=TD296184

編/FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ