臓器につく脂肪が一番危険! 医師が教える脂肪が増える仕組み

臓器につく脂肪が一番危険! 医師が教える脂肪が増える仕組み

出典: FASHION BOX

ぽっこり出たお腹についた内臓脂肪。放っておくと命にかかわる病気につながるリスクもあるため、つけないに越したことはありません。では、そもそも脂肪はどうやってたまっていくのでしょうか。体にたまる脂肪の中にも様々な種類があり、危険度も異なります。脂肪がつく仕組みをきちんと理解して、脂肪をつけないための生活を心がけましょう。

教えてくれたのはこの方

臓器につく脂肪が一番危険! 医師が教える脂肪が増える仕組み
出典: FASHION BOX

栗原 毅(くりはら たけし)
1951年新潟県生まれ。医学博士。北里大学医学部卒業。栗原クリニック東京・日本橋院長。前慶應義塾大学特任教授、前東京女子医科大学教授。主な著書・監修書に『誰でもスグできる! みるみるコレステロールと中性脂肪を下げる200%の基本ワザ』『誰でもスグできる! 肝機能をみるみる高める200%の基本ワザ』(ともに日東書院本社)、『血液サラサラで美人になる!』(マガジンハウス)、『糖尿病の食事はここだけ変えれば簡単にヘモグロビンA1cが下がる』『〈卵と肉〉が糖尿病に効く!』(ともに主婦の友社)、『1日25gのチョコが効く! 脂肪肝はちょっとしたコツでラクラク解消する』『“糖質ちょいオフ”で今すぐできる! 中性脂肪を自力でみるみる下げるコツ』(ともに河出書房新社)、『ズボラでも中性脂肪・コレステロールは下げられる!』(宝島社)など。

【オススメ記事】
ひざ痛持ち必見! 「足ぶらぶら運動」ですぐ立てる!?

脂肪がたまるまでの流れ

臓器につく脂肪が一番危険! 医師が教える脂肪が増える仕組み
出典: FASHION BOX

ぽっこりと出てしまったお腹。その正体が内臓脂肪であることと、原因が「食べすぎや飲みすぎ」であることはわかっていても、改善に至るのは難しい、そう感じている方は多いかもしれません。

でも実は、内臓脂肪には「つきやすく、落としやすい」という特徴があります。内臓脂肪が増える原因を知り、コツをつかめば、つらいダイエットは不要なのです。

体にたまる脂肪は、主に消費しきれなかった「糖質」、さらに「脂質」を原料にして、肝臓で合成される「中性脂肪」です。中性脂肪は「エネルギーの備蓄」であり、合成後は血液中に流れ出し、エネルギーを必要とする場所に向かいます。そして、エネルギーとして消費されなかった中性脂肪が、「内臓脂肪」や「皮下脂肪」として蓄積されます。これが肥満の状態です。

【オススメ記事】
呼吸を変えるだけで健康に!? 医師が教える血流アップ呼吸法

体にたまる脂肪の種類

1. 内臓脂肪

危険度:★★★★☆

臓器につく脂肪が一番危険! 医師が教える脂肪が増える仕組み
出典: FASHION BOX
臓器につく脂肪が一番危険! 医師が教える脂肪が増える仕組み
出典: FASHION BOX

腸間膜(ちょうかんまく/小腸を包み支えている薄い膜)や内臓の周りにつく中性脂肪のこと。増えすぎるとお腹がぽっこり出ますが、指でつまめないのが特徴。男性に多く見られ、リンゴ型肥満とも呼ばれます。

2. 皮下脂肪

危険度:★★★☆☆

臓器につく脂肪が一番危険! 医師が教える脂肪が増える仕組み
出典: FASHION BOX
出典: FASHION BOX

皮膚のすぐ下にたまる脂肪のこと。指でつまめるのが特徴です。全身のどこにでもつきますが、特に女性の下腹部やお尻、太ももなど下半身にたまりやすく、洋ナシ型肥満とも呼ばれます。

【オススメ記事】
栄養成分たっぷりの高カカオチョコレートで疲れた肌を健やかに

3. 異所性脂肪

危険度:★★★★★

臓器につく脂肪が一番危険! 医師が教える脂肪が増える仕組み
出典: FASHION BOX
臓器につく脂肪が一番危険! 医師が教える脂肪が増える仕組み
出典: FASHION BOX

臓器や筋肉の細胞に直接つく脂肪のこと。肝臓、膵臓(すいぞう)、骨格筋につきやすく、内臓脂肪以上に体に悪影響を及ぼします。外見に現れづらく、隠れ脂肪とも呼ばれます。痩せている人でも注意が必要。

【オススメ記事】
入浴タイムで血流アップ! むくみ改善の効果を高める入浴法

脂肪を減らすためのコツとは?

脂肪を減らすために、中性脂肪の合成を少なくするにはどうすればよいのか? それは「糖質の摂りすぎ」に注意することです。

というのも、中性脂肪の原料となるのは糖質と脂質ですが、糖質のほうが明らかに脂肪になりやすいからです。食事で糖質を摂ると膵臓から血糖値をコントロールするホルモン「インスリン」が分泌され、余分な糖質をすぐさま脂肪合成へと誘導してしまうのです。つまり、糖質を控えれば、脂肪の合成は減っていくのです。

【オススメ記事】
肩こりも軽くなる! 今すぐ&どこでもできて尿失禁も防げる指コロコロ運動

(抜粋)

臓器につく脂肪が一番危険! 医師が教える脂肪が増える仕組み
出典: FASHION BOX

TJ MOOK『決定版! 内臓脂肪を落とす名医のワザ』
監修:栗原 毅

編集・執筆/株式会社はる制作室、真瀬 崇、坂本夏子
編集・執筆協力/常井宏平
本文イラスト/仲西 太、桜井葉子
撮影/中川晋弥
イラスト・写真協力/Shutterstock、photolibrary
編集/FASHION BOX
TJ MOOK『決定版! 内臓脂肪を落とす名医のワザ』
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
【よく読まれている記事】この肩こり、どうにかしたい……寝る前の肩甲骨はがし運動がおすすめ
そろそろ夏の疲れで倦怠感が……寝る前に押すと朝すっきり目覚めるツボ
医師が推奨する高血圧を防ぐ「ふくらはぎマッサージ」
30代以上の女性はほぼ全員発症!? 血管の病気「下肢静脈瘤」とは
菓子パンやスナックは要注意! ドロドロ血液をサラサラにする食事
毎日5分やるだけでむくみが改善! ほぐしストレッチで血流アップ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ