内臓脂肪を落とす秘訣は「糖質ちょいオフ」な食生活だった!

出典: FASHION BOX

お腹の中についてしまった内臓脂肪。落ちにくそうとイメージする方も多いかもしれませんが、コツさえ掴めば落とすことができるのです。栗原毅先生が内臓脂肪を落とすために気をつけたい食事について教えてくださいました。

教えてくれたのはこの方

内臓脂肪を落とす秘訣は「糖質ちょいオフ」な食生活だった!
出典: FASHION BOX

栗原 毅(くりはら たけし)
1951年新潟県生まれ。医学博士。北里大学医学部卒業。栗原クリニック東京・日本橋院長。前慶應義塾大学特任教授、前東京女子医科大学教授。主な著書・監修書に『誰でもスグできる! みるみるコレステロールと中性脂肪を下げる200%の基本ワザ』『誰でもスグできる! 肝機能をみるみる高める200%の基本ワザ』(ともに日東書院本社)、『血液サラサラで美人になる!』(マガジンハウス)、『糖尿病の食事はここだけ変えれば簡単にヘモグロビンA1cが下がる』『〈卵と肉〉が糖尿病に効く!』(ともに主婦の友社)、『1日25gのチョコが効く! 脂肪肝はちょっとしたコツでラクラク解消する』『“糖質ちょいオフ”で今すぐできる! 中性脂肪を自力でみるみる下げるコツ』(ともに河出書房新社)、『ズボラでも中性脂肪・コレステロールは下げられる!』(宝島社)など。

【オススメ記事】
ヨーグルトは夜食べるのが正解!? 腸を喜ばせて便秘を撃退する食事

内臓脂肪の原料となる糖質を減らすことを意識する

内臓脂肪の原料となる中性脂肪は、主に「糖質」から作られます。さらに、人間が生命を維持するために必要とする栄養素のうち、「糖質」だけが血液中の糖の量「血糖値」を上昇させます。血糖値が上がると、それを下げるために、ホルモンの一種である「インスリン」が分泌され、血液中のあまった糖を脂肪にして蓄えてしまいます。ゆえに血糖値を急激に上げさえしなければ、体に中性脂肪がたまりにくくなるのです。

つまり、糖質を控えることが、内臓脂肪を落とす最大のコツなのです。注意すべきはカロリーではなく、糖質の量。これが、内臓脂肪を落とすための鉄則です。

ただし、糖質を極端に減らすのは逆効果です。糖質を急激に減らすと、体は危機を感じて脂肪をため込もうとし、糖質の吸収が盛んになってしまうからです。

そこで推奨したいのが、「糖質ちょいオフ」です。1日の糖質摂取量を、いままでの量から1~2割減らし、その分、糖質を含まない肉や卵、乳製品を摂るというもの。

【オススメ記事】
居酒屋ではポテサラでシメるべし!? 中性脂肪を下げる食べ方を解説

糖質ちょいオフ:ちょっと控えるもの

内臓脂肪を落とす秘訣は「糖質ちょいオフ」な食生活だった!
出典: FASHION BOX

■パン
・普段の量から1~2割減らす
・白パンより、ライ麦や全粒粉のパンを選ぶ

内臓脂肪を落とす秘訣は「糖質ちょいオフ」な食生活だった!
出典: FASHION BOX

■ごはん
・普段の量から1~2口分減らす
・白米と玄米なら玄米を選ぶ

内臓脂肪を落とす秘訣は「糖質ちょいオフ」な食生活だった!
出典: FASHION BOX

■めん類
・小麦を原料としためん類(うどん、パスタ、中華麺、そうめんなど)やそばの量を1~2割減らす

内臓脂肪を落とす秘訣は「糖質ちょいオフ」な食生活だった!
出典: FASHION BOX

■いも類
いも類に多く含まれるでんぷんは、糖質です。じゃがいもやさつまいもなどの摂りすぎに注意しましょう。

内臓脂肪を落とす秘訣は「糖質ちょいオフ」な食生活だった!
出典: FASHION BOX

■くだもの
果物に含まれる糖分「果糖」は、吸収が早く、即座に肝臓で中性脂肪に合成されます。食べすぎは禁物です。

【オススメ記事】
最も危険なのは脳の血管! 動脈硬化が引き起こす様々な病

糖質ちょいオフ:控えるもの

内臓脂肪を落とす秘訣は「糖質ちょいオフ」な食生活だった!
出典: FASHION BOX

■お菓子・砂糖入りの飲み物
砂糖を多く含む甘いお菓子、缶コーヒー、清涼飲料水などの甘い飲み物は控えましょう。甘くなくても、お米や小麦が原料のお菓子(せんべい、クッキーなど)も同様です。

【オススメ記事】
「足指じゃんけん」で血流促進! 医師が教える“ながら”運動

糖質ちょいオフ:控えなくていいもの

内臓脂肪を落とす秘訣は「糖質ちょいオフ」な食生活だった!
出典: FASHION BOX

■肉・魚
肉や魚などのたんぱく質を多く含む食品は、体を健康に保つ重要な栄養素。積極的に摂取すれば筋肉量が増え、脂肪を燃焼させる力も強くなります。

内臓脂肪を落とす秘訣は「糖質ちょいオフ」な食生活だった!
出典: FASHION BOX

■卵
卵はコレステロールを増やすという説は誤り。栄養価の高い卵は積極的に摂りたい食材です。

内臓脂肪を落とす秘訣は「糖質ちょいオフ」な食生活だった!
出典: FASHION BOX

■乳製品
カロリーは高めでも、糖質は低め。たんぱく質や骨を強くするカルシウムも摂取できます。

糖質を控えることが重要なので、カロリー制限ではNGだった、肉、卵、牛乳、バターなどは、「糖質ちょいオフ」では制限の対象外です。ハンバーグやステーキ、トロの刺身やマヨネーズも、ガマンする必要はありません。

【オススメ記事】
メタボリックシンドロームは命にかかわる病気を引き起こす!?

(抜粋)

内臓脂肪を落とす秘訣は「糖質ちょいオフ」な食生活だった!
出典: FASHION BOX

TJ MOOK『決定版! 内臓脂肪を落とす名医のワザ』
監修:栗原 毅

編集・執筆/株式会社はる制作室、真瀬 崇、坂本夏子
編集・執筆協力/常井宏平
本文イラスト/仲西 太、桜井葉子
撮影/中川晋弥
イラスト・写真協力/Shutterstock、photolibrary
WEB編集/FASHION BOX
TJ MOOK『決定版! 内臓脂肪を落とす名医のワザ』
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
【よく読まれている記事】この肩こり、どうにかしたい……寝る前の肩甲骨はがし運動がおすすめ
そろそろ夏の疲れで倦怠感が……寝る前に押すと朝すっきり目覚めるツボ
医師が推奨する高血圧を防ぐ「ふくらはぎマッサージ」
30代以上の女性はほぼ全員発症!? 血管の病気「下肢静脈瘤」とは
菓子パンやスナックは要注意! ドロドロ血液をサラサラにする食事
毎日5分やるだけでむくみが改善! ほぐしストレッチで血流アップ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ