中井貴一と佐々木蔵之介が対談|“歪み”があるから役者ができる?

中井貴一と佐々木蔵之介が映画『嘘八百 京町ロワイヤル』で共演中井貴一と佐々木蔵之介が映画『嘘八百 京町ロワイヤル』で共演|実家が酒屋の蔵之介は“朝から日本酒”!?

出典: FASHION BOX

そこに立つだけで絵になる中井さんと佐々木さんですが、映画『嘘八百 京町ロワイヤル』では“必死にジタバタするふたり”を演じています。撮影期間は約3週間で、役柄だけでなく、ご自身たちも“必死だった”と笑います。そんな撮影現場の様子から、こだわりの演技論、映画の見どころ、テーマである“器と歪み”についてお話を伺いました。

人も器も、“歪み”を受け入れてこそ

中井貴一と佐々木蔵之介が対談|“歪み”があるから役者ができる?
出典: FASHION BOX

いわくつきのお宝をめぐるだまし合いを豪華キャストでコミカルに描き、スマッシュヒットを記録した映画『嘘八百』に、待望の続編『嘘八百 京町ロワイヤル』が登場。主演の中井貴一さんと佐々木蔵之介さんの「名コンビ」ぶりもシリーズの見どころです。

タイトルどおり、京都の町が舞台となった本作。ご両親から「京都人のDNA」を受け継いだという中井さんと、京都の造り酒屋を実家に持つ佐々木さんの、漫才さながらのコミカルなやりとりが冴えわたります。

中井「この映画は分類でいうと“喜劇”になるのかもしれませんが、日本人の琴線に触れる『王道の笑い』を、この映画の中に感じてもらえると嬉しいですね。笑いって、実はとても難しいんです。人を泣かせるための間尺は2秒でも3秒でも4秒でも大して変わりませんが、人を笑わせようと思ったら、タイミングが0.1秒狂うだけでアウト。だから、現場には常に緊張感がありましたね」

佐々木「完成した作品を見て『さぞ楽しい現場だったんでしょうね』と言っていただくことが多いのですが、本人たちはとにかく必死でした(笑)」

「笑い」と並ぶ『嘘八百』シリーズの目玉は、「お宝」をめぐる手に汗握るだまし合い。今作では稀代の茶人・古田織部の作と伝えられる幻の茶器「はたかけ」が、ストーリー上重要な役割を果たします。中井さんと佐々木さんも、撮影を通じて器の面白さに目覚めていったとか。

中井「(いい器は)生活を豊かにしてくれますよね。値段がいくらだとか、誰の作品だとかいうことに目がいきがちだけど、器の価値は“使ってなんぼ”。普段はインテリアの一部になっている器を、たまに来客があったときなどに取り出して使ってみると、全然雰囲気が違うなと思いますからね」

佐々木「器って、安いものに限ってなかなか割れなかったりするじゃないですか。なので、なかなかちゃんとした器を買うタイミングがないのですが、以前鹿児島を旅したときに、ふと思い立って薩摩切子を買ったんです。そのグラスを手に取ると、そのときに会った人や食べたもの、登った山などが鮮やかに浮かんでくる。思い出を手元に置いておけるのも、器のよさですよね」

中井貴一と佐々木蔵之介が対談|“歪み”があるから役者ができる?
出典: FASHION BOX

映画の中では、器の個性は “歪み”にある――という印象的なセリフも登場。現代は、なかなか歪みが許されない時代だけれど、歪みにも幅があり、それが人間くさい個性になる。それは役者も同じことだとおふたりは語ります。

中井「大体、役者は基本的に歪んでいますよ。歪みがあるから、全く別の人格になれたり、人の目にさらされることにも耐えられたりするんだと思います。蔵之介くんだって、歪んでいるからサラリーマンを辞めて、こちらの世界に来たんだと思うし。だって、日本酒を『お米のジュース』だって言い張る人ですよ? それで『朝から飲んできた』って、そんなの歪んでるに決まってるでしょ(笑)」

佐々木「朝に飲むのがおいしいんですよ(笑)」

人間関係にも歪みはつきもの。とりわけ夫婦の場合、生き方が違うふたりが一緒に暮らしていれば、歪みが出るのは当然。それを受け入れてこそ、素敵な関係が築けるのではないかというおふたり。

中井「歪みは無理に直さないほうがいいですよね。50代、60代になると、アクティブに人生を楽しむ女性と、人生の楽しみ方がわからない男性の間でギャップが開きがちだけど、お互い好きなように生きようと割りきって、『たまにはごはん食べようよ』くらいの、茶飲み友だちみたいな関係に戻るのがいいんじゃないかな」

佐々木「僕の両親も、一緒に旅行しても父親はホテルから出ようとしませんでしたね。母はそんな父を置いて、好きなように買い物に行ったりしてました」

中井「そのくらいがちょうどいいよね。『空気みたいな存在』って悪い表現でしか使われないけれど、それが最高だと思う。いちばん大事なのは、最期の瞬間まで一緒にいられることだと思うから」

【オススメ記事】
大沢たかお|俳優デビュー25周年で思うこと「ようやく新しいスタートラインに」

中井貴一さん、佐々木蔵之介さんが出演する映画

中井貴一と佐々木蔵之介が対談|“歪み”があるから役者ができる?
出典: FASHION BOX

『嘘八百 京町ロワイヤル』

幻のお宝をめぐり、古美術商と陶芸家がだまし合いの大騒動を繰り広げるコメディシリーズの第2作。古美術商の則夫(中井貴一)と陶芸家の佐輔(佐々木蔵之介)が京都で出会った着物美人の志野(広末涼子)。彼女の身の上話にほだされたふたりは、「古田織部の幻の茶器」にまつわる人助けに乗り出すが……。

監督:武 正晴
脚本:今井雅子、足立 紳
出演:中井貴一、佐々木蔵之介、広末涼子ほか
配給:ギャガ
2020年1月31日(金)、全国公開

【オススメ記事】
ローラが見つめる今と未来。“夢はたくさんの人に幸せを届けること”
唐沢寿明が山口智子とツーショット! 愛車ポルシェで被災地支援

PROFILE

中井貴一(なかい・きいち)

1961年生まれ。成蹊大学在学中、映画『連合艦隊』でデビュー。同作品で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。1983年、ドラマ『ふぞろいの林檎たち』、1988年、NHK大河ドラマ『武田信玄』では主役を演じ、知名度が急上昇。シリアスからコミカルまで、多彩な役柄をこなし、テレビ、映画、舞台などで幅広く活躍。

佐々木蔵之介(ささき・くらのすけ)

1968年生まれ。大学在学中から劇団・惑星ピスタチオの看板俳優として活躍。2000年、NHK連続テレビ小説『オードリー』で脚光を浴びる。以降、多数の話題作に出演。主な作品は『間宮兄弟』『超高速! 参勤交代』『嘘八百』『空母いぶき』など。2020年は『記憶屋 あなたを忘れない』、大河ドラマ『麒麟がくる』、映画『峠 最後のサムライ』、舞台『佐渡島他吉の生涯』(5月・PARCO劇場)が控えている。

【オススメ記事】
YOUさんインタビュー・楽しい日々を続けるための秘訣を公開!
テラハの西野入流佳・今後の目標はやっぱりマーベル!? ブロッコリーパスタの秘話も♡

撮影/福本和洋
スタイリスト/(佐々木さん)勝見宜人
ヘアメイク/(中井さん)藤井俊二、(佐々木さん)西岡達也〔ラインヴァント〕
文/藤田美菜子
素敵なあの人 2020年3月号
WEB編集/FASHION BOX
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
【よく読まれている記事】
[雑誌付録まとめ 2月上旬発売]スヌーピーのポーチや人気ブランドのビューティグッズが登場!
過敏性腸症候群を改善する食事法とは? 納豆やヨーグルトはおなかによくないってほんと?
ホスト界の帝王ローランドが「揺るぎない自信」を持つための秘訣を語る
布団は干さない! 家事プロが教えるラクでキレイな寝具ケア
肩甲骨はがしとマッサージで肩こり解消! おすすめ足裏マッサージとストレッチ まとめ
“恥垢”って増えるの!? デリケートゾーンの正しい洗い方や“ながら膣トレ”を女医が解説!

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ