管理栄養士が教える<NG食習慣3つ>ダイエットや美肌の常識、実は間違い?

出典: FASHION BOX

【いつまでも美しく、若々しく! 食習慣の新常識】
ずっとキレイでいたい。そんな願いを叶えるのは、実は「日々の食習慣」。間違った常識や昔のままの食事を見直し、老化にブレーキをかけましょう。管理栄養士の堀 知佐子さんに教えていただきました。

≪目次≫
●食の情報は正しく理解する
●食ブームにまどわされない
●大人におやつは不要
●教えてくれたのは……堀 知佐子さん プロフィール

揚げ物・焼き物を食べると老化の原因に? 管理栄養士に聞く若返り調理法&食材

食の情報は正しく理解する

「豆乳は乳製品」など誤った知識は見直しを

「乳製品は、牛乳より豆乳で取ったほうがいい」。そんな勘違いをしていませんか? 豆乳はそもそも乳製品ではありません。また、乳糖不耐症の人には豆乳がおすすめですが、栄養的な優劣があるわけではありません。正しい知識を持つことも食習慣を変えるポイントです。

管理栄養士が教える<NG食習慣3つ>ダイエットや美肌の常識、実は間違い?
出典: FASHION BOX

肥満や高血圧を防ぐ食事のコツ|時間帯別ベストな食材は?[管理栄養士が伝授]

食ブームにまどわされない

「これだけ食べればいい」そんな食品はありません

かつて流行した「○○だけダイエット」や、「美肌にはこれがいい」「これを食べればガンにならない」といった食ブーム。手を替え品を替え流れる、インパクトのある情報に振り回されて、そればかりを食べる人がいますが、こうした“ばっかり食”は栄養学的にはNGです。

人間には、自分で作ることができない栄養素が多くあり、食物から摂るしかありません。また栄養素は、同時に摂取することで吸収がよくなったり、働きが高まったりするものもあります。野菜や肉、魚、穀類など、多彩な食品からバランスよく食べることが大切にされる理由はここにあります。

老化を防ぐ食習慣3つのポイント|“2週間で若返る”食生活を管理栄養士が解説

大人におやつは不要

おやつを楽しむなら不足しがちな栄養素を

おやつは子どもの習慣です。どうしても食べたいなら不足しがちな栄養素を補うつもりで。例えばチーズでカルシウムやたんぱく質、フルーツで食物繊維やビタミンを摂取すると◎。夕食が遅くなりそうなら、甘いものよりおにぎりなど腹持ちのよいもののほうがおすすめです。

管理栄養士が教える<NG食習慣3つ>ダイエットや美肌の常識、実は間違い?
出典: FASHION BOX

《骨粗しょう症対策》骨密度アップにいい食材・悪い食材は? [管理栄養士監修]

教えてくれたのは……

管理栄養士が教える<NG食習慣3つ>ダイエットや美肌の常識、実は間違い?
出典: FASHION BOX

堀 知佐子さん プロフィール

アンチエイジングをテーマにしたレストラン「ル・リール」のオーナー兼シェフ。管理栄養士、調理師、食生活アドバイザーなどの資格を生かし、各メディアで活躍。『今日から変わる! 若返り食生活』(きずな出版)など著書多数。

“感動”で血管力アップ! 趣味を楽しむ人ほど血流改善できるワケ [医師監修]

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
illustration_Sara Kakizaki
大人のおしゃれ手帖 2020年5月号
web edit_FASHION BOX, Ayaki Ando[vivace]
【いま読まれている人気記事】
体の相性がいいってどんなとき?
ダイエットは朝ごはんがカギ! 痩せる朝ごはんのポイントとは?
お尻を鍛えて痩せる! 大殿筋が筋肉痛になること間違いなし、こげなつ流 女性の尻トレ方法を解説
垂れ尻を直すヒップアップの筋トレ! お家でできる簡単エクササイズ まとめ
程よくエロいと感じさせる服装について徹底解説
肩甲骨はがしとマッサージで肩こり解消! おすすめ足裏マッサージとストレッチ まとめ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ