揚げ物・焼き物を食べると老化の原因に? 管理栄養士に聞く若返り調理法&食材

出典: FASHION BOX

【いつまでも美しく、若々しく! 食習慣の新常識】
ずっとキレイでいたい。そんな願いを叶えるのは、実は「日々の食習慣」。間違った常識や昔のままの食事を見直し、老化にブレーキをかけましょう。管理栄養士の堀 知佐子さんに解説していただきました。

≪目次≫
●“こんがり焼き色”で体内の糖化が進む
●ビタミンB1、B6で体のコゲを防ぐ
●教えてくれたのは……堀 知佐子さん プロフィール

肥満や高血圧を防ぐ食事のコツ|時間帯別ベストな食材は? [管理栄養士が伝授]

“こんがり焼き色”で体内の糖化が進む

加熱に注意。調理法は「生」か「蒸す」を選ぶ

糖化を招く要因は、「コゲを作る調理法」と「高血糖状態」。トーストやパンケーキ、焼きおにぎりなどのこんがりした焼き色もコゲの一種です。調理法は生が最もおすすめで、次いで蒸す、煮る……となります(下図参照)。糖質の摂取を控えるなど、高血糖状態を作らない工夫も必要です。

揚げ物・焼き物を食べると老化の原因に? 管理栄養士に聞く若返り調理法&食材
出典: FASHION BOX

《お助けアイテム》
糖と脂肪、ふたつの吸収を抑える

揚げ物・焼き物を食べると老化の原因に? 管理栄養士に聞く若返り調理法&食材
出典: FASHION BOX
メタバリア プレミアムEX(15日分120錠)¥2,950/富士フイルム サプリメントセンター

植物由来のサラシノールが糖の吸収を抑え、腸内環境を整えるサプリ。脂肪の吸収も抑制。

老化を防ぐ食習慣3つのポイント|“2週間で若返る”食生活を管理栄養士が解説

ビタミンB1、B6で体のコゲを防ぐ

体のコゲを「防ぐ」栄養素も忘れずに

体のコゲ(変性したたんぱく質と糖質)は、AGEまで劣化すると元に戻らないので、前段階でこまめに対処を。糖化を防ぐにはビタミンB1とB6の摂取がおすすめ。ビタミンB1は豚もも肉、大豆製品、うなぎ、ゴマなどに、ビタミンB6は、牛肉、鶏肉、カツオ、マグロ、にんにく、ピーマンなどに含まれます。緑茶に含まれるカテキンも抗糖化物質のひとつです。

\簡単!/豆乳緑茶は抗AGEメニュー

揚げ物・焼き物を食べると老化の原因に? 管理栄養士に聞く若返り調理法&食材
出典: FASHION BOX

抗糖化物質“カテキン”たっぷりの緑茶粉末を、“ビタミンB1”を含む豆乳で割って作る「豆乳緑茶」。手軽なAGE対策に。

骨粗しょう症は運動で予防! 骨密度を上げる簡単エクササイズ [医師監修]

《お助けアイテム》
コラーゲンを補って

揚げ物・焼き物を食べると老化の原因に? 管理栄養士に聞く若返り調理法&食材
出典: FASHION BOX
ニッピ コラーゲン100(100g×3袋)¥5,400/ニッピコラーゲン化粧品

体内のたんぱく質の約30%を占めるコラーゲン線維は、AGEの害を受けやすいのでサプリメントで補うのも◎。

高血圧・高血糖を防ぐ食事|血管にいい食べ物・悪い食べ物とは [医師監修]

教えてくれたのは……

揚げ物・焼き物を食べると老化の原因に? 管理栄養士に聞く若返り調理法&食材
出典: FASHION BOX

堀 知佐子さん プロフィール

アンチエイジングをテーマにしたレストラン「ル・リール」のオーナー兼シェフ。管理栄養士、調理師、食生活アドバイザーなどの資格を生かし、各メディアで活躍。『今日から変わる! 若返り食生活』(きずな出版)など著書多数。

「やせグセ」が身につく4つの習慣とは? 日常生活のちょっとした心がけで肥満解消!

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
illustration_Sara Kakizaki
大人のおしゃれ手帖 2020年5月号
web edit_FASHION BOX, Ayaki Ando[vivace]
【いま読まれている人気記事】
お尻を鍛えて痩せる! 大殿筋が筋肉痛になること間違いなし、こげなつ流 女性の尻トレ方法を解説
ダイエットは朝ごはんがカギ! 痩せる朝ごはんのポイントとは?
垂れ尻を直すヒップアップの筋トレ! お家でできる簡単エクササイズ まとめ
過敏性腸症候群を改善するおすすめの食事法とは? 納豆やヨーグルトはおなかに良くないってほんと?
肩甲骨はがしとマッサージで肩こり解消! おすすめ足裏マッサージとストレッチ まとめ
【膣トレ】やせたきゃ膣を締めるべし! くびれ母ちゃんが教える24時間の膣トレーニング

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ