お風呂に入れば血流アップする! 3つのポイントや免疫力を高める入浴法を専門家が解説

風邪はお風呂で撃退!? 免疫力を高める入浴法、”HSP UP浴“のやり方を専門家が解説

症状に合わせた入浴法で悩み解消! お風呂で「正しく」血流アップ!

「冬は足が冷えて眠れない」「寒くて運動不足のせいか、肩こりがひどい」といった人は、お風呂タイムを見直してみては。効果的な入り方をすれば血流がアップし、さまざまな不調が和らぐといいます。今こそ実践したい入浴法を、SleepLIVE株式会社代表取締役の小林麻利子さんに伺いました。

『大人のおしゃれ手帖』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

お湯につかると血管が広がり血液のめぐりがよくなる

お風呂に入れば血流アップする! 3つのポイントや免疫力を高める入浴法を専門家が解説

「忙しいから、面倒だから、とシャワーで済ませるのはもったいない! お風呂には、睡眠の質を高めたり、血流をよくしたり、免疫力を高めたりと、多くのメリットがあるんです」と話すのは、眠りとお風呂のアドバイザーの小林麻利子さん。

お風呂に入ると血のめぐりがよくなりますが、それは「温熱、水圧、浮力」という3つの作用によるものです。あたたかいお湯につかると、末梢血管が広がり、血流がよくなりますが、これは温熱の作用。水圧も血液の循環を促しますし、浮力も体をリラックスさせて自律神経を整え、相乗効果で血流がアップするといえます。血流がよくなると、全身のすみずみに酸素や栄養素が運ばれるので新陳代謝がアップ、もちろん冷え性などの悩みも改善します。

40~41度のお湯に15分で体の芯まであたためる

ただし、入浴法を間違えると、効果が半減したり、体に負担をかけてしまうことも。

「適温のお湯につかると、副交感神経が優位になり、末梢血管が広がって血流がよくなりますが、42度以上の熱すぎるお湯だと交感神経が優位になり、血管が収縮。しかも熱くてゆっくりつかれないので、体の芯まであたたまりません。お風呂のメリットを最大限に得るには、深部体温をしっかりと上げることが大切。そのためには、40度のお湯に15分つかるのがベスト。熱めのお湯が好きな人は41度でもOKです」。また、夏と冬では注意すべき点も異なります。

「入浴時間は寝る時間から逆算して、冬は30分~1時間前、夏は1~2時間前に設定するのもポイント。冬は温度差によるヒートショックの危険性が知られていますが、最近は浴室暖房の普及で、浴室で熱中症を起こすケースも増えているので、どちらにも注意が必要です」

血流をアップさせる3つのポイント

1:お湯の温度は40~41度に

40度のお風呂に15分つかると深部体温が0.5度上がるというデータがあります。季節に関係なく、40~41度に設定を。感覚に頼らず、水温計で測ってみましょう。

2:半身浴ではなく全身浴を

半身浴では温熱作用は半減。水圧も浮力も小さくなります。心臓病などがあり半身浴をすすめられている人以外は、首から下までお湯につかってください。

3:入浴剤を使う

入浴剤の多くは体をあたためる作用があるので、使わないのはもったいない! 毎日取り入れてOKです。血流アップにおすすめなのは、血管の広がりを促す炭酸ガス系のもの。

更年期のカラダを温める8つの生活習慣|体温が上がるおすすめのアイテムをピックアップ

更年期に体温が下がるのはどうして? 免疫力が下がりかねない原因や理想の体温などを医師が解説

お風呂のメリットを上手に利用 お悩み別! 効果的入浴法

お風呂に入るだけで血流がよくなりますが、さらにひと工夫をすると、より多くの効果が得られます。小林麻利子式の入浴法をお悩み別に伝授!

免疫力をアップしたい

お風呂で体温を上げて維持、これだけで免疫力アップ

HSP UP(ヒートショックプロテイン・アップ)浴を試してみて。私たちの体には、ストレスなどで傷ついた細胞を修復する「ヒートショックプロテイン」というタンパク質がありますが、お風呂で体温を上げた状態をしばらくキープすると、このタンパク質を効率よく増やすことができます。免疫力アップのほか、疲労回復、美肌、体質改善、老化防止なども期待できます。HSP UP浴を効果的に行うには、湯温や体温をきちんと測って。

HSP UP浴は湯温と体温がポイント

お風呂に入れば血流アップする! 3つのポイントや免疫力を高める入浴法を専門家が解説

時計、水温計、体温計、飲み水をお風呂に持ち込みます。かけ湯のあと、40度の湯温で20分、または41度で15分、体温が2度上がるまでつかります。湯上がり後約10分間は、体温が1度以上低くならないように、しっかり保温を。

風邪ぎみのときは

HSP UP浴で風邪を撃退 洗髪はせずつかるだけに

風邪ぎみのときはお風呂に入らないほうがいい、といわれていますが、そんなときこそHSP UP浴で免疫力を高めましょう。ただし、湯冷めしないために、髪を洗うのはやめて、入浴後は早く布団へ。熱があって入る気力がないときは、足湯で足先だけあたためても。

お風呂に入れば血流アップする! 3つのポイントや免疫力を高める入浴法を専門家が解説

殺菌作用があるとされているティートリーの精油を、マグカップに入れたお湯にたらして、香りをかぐのもおすすめ。

教えてくれたのは……SleepLIVE株式会社代表取締役 小林麻利子さん

お風呂に入れば血流アップする! 3つのポイントや免疫力を高める入浴法を専門家が解説
SleepLIVE株式会社代表取締役 小林麻利子さん

【PROFILE】
SleepLIVE株式会社代表取締役。最新のデータや研究をもとに、睡眠や入浴、運動など日々のルーティンを見直すことでキレイを叶える「うっとり美容」を指導。著書に『ぐっすり眠れる、美人になれる! 読むお風呂の魔法』(主婦の友社)など。

『大人のおしゃれ手帖』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

お尻の割れ目の上のカイロで腰が温まる!? 血流アップの体ケア方法 [医師 監修]

更年期世代こそ血流アップ! 今すぐできる下半身を鍛えるトレーニング法[医師 監修]


平熱が低いと損!? 体温が上がるとダイエットからがん予防、肩こり改善まで期待できる理由[医師監修]


illustration:Kana Nakajima
text:Keiko Nakayama
大人のおしゃれ手帖 2022年3月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

web edit:FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ