お疲れ肌に透明感チャージ!知って得するメイクのひと手間Q&A

出典: FASHION BOX

暑さや疲れで肌に元気がないときは、ひと手間プラスして透明感をアップ。光や血色感を少し足すだけでフレッシュ感を取り戻せます。

崩れ知らず!メイク直しのひと工夫

教えてくれたのは……

出典: FASHION BOX

ヘア&メイクアップアーティスト 吉川陽子さん
リンネルなどの女性誌や広告を中心に活動。素肌を活かした透明感のあるナチュラルメイクが得意で、幅広い女性から支持されている。

Q. きれいに、簡単にメイク直しがしたいです

A. 直しが必要なところだけ色と質感を整えればOK

汗や皮脂が出やすい夏は、ファンデーションやパウダーを塗り直すほどくすみや厚塗り感が目立ちます。毛穴などの凹凸を下地で整え、肌色の補正はコンシーラーで最小限に。

★HOW TO

1)ティッシュオフする

出典: FASHION BOX

汗や余分な皮脂、浮き上がったメイク汚れがついたままメイク直しをすると、ヨレや厚塗りのもと。ティッシュをやさしく当て、ベタつきがなくなるくらいまで丁寧にオフ。

2)スキンスムーザーで肌を整える

出典: FASHION BOX

【ムーのスキンスムーザー】はぱっくり開いた毛穴を隠して、さらさらのフラット肌にしてくれる名品。指で2色をミックスしながら取り、毛穴が目立つところにクルクルと塗り込む。

***use it!***

出典: FASHION BOX
ムー スキンスムーザー ¥3,200/メイクアップキッチン

自然由来の成分で毛穴をカバーし、余分な皮脂を抑える。オーガニックのカカオバターで潤いも守る。

3)コンシーラーを気になるところに

出典: FASHION BOX
ベージュブラウス ¥12,000 /ニーム(ニーム自由が丘店)

【スックのコンシーラー】でシミなどの色ムラをカバー。目の下の三角ゾーンがきれいに整っていると清潔感のある肌印象になるのでここもコンシーラーで軽く整えるのがおすすめ。

***use it!***

出典: FASHION BOX
ラディアント クリーム コンシーラー 全3色 ¥5,000/スック

絶妙なカラー設計で悩みをカバー。厚みが出ず清潔感のある肌印象が叶う。

Q. スキンケアしてもくすみが取れません……

A. みずみずしいツヤをハイライターで補って!

ほんのりした血色ニュアンスとツヤを与えるリキッドタイプのシャンパンカラーを選びましょう。鏡を見て自分の肌のどの部分が光を反射するかをチェックし、トントンとつけます。

出典: FASHION BOX
リバティワンピース¥23,000/ニーム(ニーム自由が丘店)

ハイライトを入れる目安は、頰骨の高いところ、上まぶたの真ん中、鼻筋、唇の山のキワ。全体的に少しずつが自然に見せるコツ。

***use it!***

出典: FASHION BOX
シマー リクイド ハイライター 01 7.5mL ¥3,900/スック

上品な輝きをまとった薄ピンクのリキッドハイライター。内側から発光するようなツヤに変化。

Q. チークひとつで透明感が出るって本当?

A. くすみ飛ばしやシミ隠しにコーラルピンクが役立ちます

出典: FASHION BOX

ノーファンデで透明感がほしいときに便利なのがコーラルピンクのパウダーチーク。日本人の肌色と自然になじみながらも、パッと明るく見せてくれます。

★HOW TO

1)ブラシにチークを取ったら手の甲で余分な粉を落とす

出典: FASHION BOX

チークは粉含みがいい大きめのブラシでさっとのせるとムラにならずきれいにつきます。ブラシの両面に粉を含ませ、手の甲でトントンとなじませて余分な粉を払って。

2)口角を上げて出た頰の高い位置につける

出典: FASHION BOX

微笑むように口角を上げたとき、ふくらんだ頰の高い位置にブラシをポンと置く。楕円を描くように内→外→内とブラシを軽く動かしてふんわりとのせて。

:::Finish!:::

出典: FASHION BOX
ブルーレースワンピース¥15,000/コンジェ ペイエ アデュー トリステス

明るい血色感がふんわりと加わることで、素肌そのものが透けるような印象を与えます。

***use it!***

出典: FASHION BOX
キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ パウダー 01 リフィル¥3,000、ケース¥2,000/ともにカネボウ化粧品

明るいコーラルピンク。

【“透明感”を引き出すベース&メイク】
ベースメイクを軽くするプロのW下地テク

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
photograph_Maho Terada(model), Mitsuru Kugue(still)
styling_Yoko Kakihara
hair&make-up_Yoko Yoshikawa
model_Mito Yokota
text_Sachiyo Katayama
edit_Satoko Ishikawa[vivace], FASHION BOX
リンネル 2019年7月号
【いま読まれている人気記事】
くすみ、クマ、もたつき解決コスメ9選!
お金が貯まらない人が見直すべき4つの消えモノ
ダイソー、キャンドゥ、Seriaの人気アイテムを比較!
朝は洗顔料を使うべき?今さら聞けない洗顔ケア
使用感をレポ!片づけのプロが選んだ100均収納グッズ
洗濯物はたたまない!暮らしのプロの洗濯方法

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ