男性は女性の生理をどう思っているの?「知らないだけだから、もっとオープンに話して!」

男の子は生理の話をすると引くの? 男女5名のぶっちゃけ座談会

女の子のカラダBook
男女はどのくらいわかり合えてる? 検証

毎月やってくる生理。生理の痛みやつらさ、周りはどれぐらい理解しているもの? その疑問を解消すべく、Oriens JOURNAL STANDARDの長谷川アルファさん、大澤萌夏さん、古川元気さん、櫻井花ノ子さん、EMILY WEEKの柿沼あき子さんの男女5名による座談会を緊急決行。お互いの思いを率直に語ってもらいました!

『mini』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

“生理の悩みを気軽に話してほしい(長谷川さん)”

男性は女性の生理をどう思っているの?「知らないだけだから、もっとオープンに話して!」
左から:長谷川アルファさん、大澤萌夏さん、古川元気さん、櫻井花ノ子さん、柿沼あき子さん
長谷川さん:トップス¥20,000/ブレイン デッド(オリエンス ジャーナル スタンダード シブヤ)、キャップ/本人私物 大澤さん:トップス¥9,000/オリエンス ジャーナル スタンダード(オリエンス ジャーナル スタンダード シブヤ) 古川さん:トップス¥11,000/オーベイ、ニット帽¥8,800/ブレイン デッド(ともにオリエンス ジャーナル スタンダード シブヤ) 櫻井さん:トップス¥13,000/ハウス オブ サニー(オリエンス ジャーナル スタンダード シブヤ) 柿沼さん:トップス¥39,600 /ジョスリン(メゾン イエナ)

――皆さんプライベートで生理の話をすることはありますか?

長谷川さん(以下H)「自分発信はさすがにないですが(笑)、女性が多いブランドなので『今日つらいんだよね』という声を聞くことはあります。そういった意味ではオープンな環境なのかも」

大澤さん(以下O)「私はPMS(※1)でイライラしやすいので、今日は生理だとはっきり伝えます。長谷川と仕事をしているときに言うと『そうなんですね』と理解してくれるので、かなり助かっています」

(※1)月経前から始まる精神的・身体的症状のこと。イライラや不安、集中力の低下や、腹痛やむくみ、過食などが主な症状。

H「女性にとって生理がラクではない、という認識はあるから。ただ、深く調べたり聞くのは野暮かなと思っていて。過剰に心配したり変に寄り添わないで、察してそっとしておくところはあるかも」

O「イライラしたり落ち込んだり、気分のアップダウンが激しいから、長谷川のあえて気にしないようにしてくれるスタンスはすごくうれしい。あと、今の職場はチーム感が強くてイトコみたいな関係性だから、いろいろ話せるのかも」

櫻井(以下S)「確かに。古川もガンガン話題に入ってくるしね(笑)」

古川さん(以下F)「周りにあまり生理の話題に触れることを気にする人がいないから、生理が言いづらいものだとは思ってなくて。ただこの環境がもしかしたら珍しいのかも?と思って、他のコミュニティでは言葉を選んだり気を使うようにはしているよ」

“生理のことをオープンに話せてすごくラクになった!(大澤さん)”

――学生時代を振り返ってみるとどうでしたか?

O「私は生理のことをあまり話せなかった記憶が。イライラ=悪いことだと思っていて、友人にも当時の恋人にも今のようにフランクに伝えられなくて。生理に対する知識も今ほどなかったし、ひたすらイライラをガマンしていました」

S「私は女子校だったからかなりオープンだったかも。隠しもせずナプキンをあげたりもらったりもしていたし。だから今の環境は、その頃の延長線上にある感じ」

O「それってすごくいいよね。今って生理の話題を取り上げるメディアも増えたから、おつき合いしている人にもイライラの原因を理解してもらえるようになって、昔に比べてすごくラクになった気がする」

S「私は彼に、生理はイライラしやすいし体調も悪くなるものだと一から教えて、1週間前ぐらいには『そろそろ生理が来る』と予告してる(笑)」

――みなさんの環境って、すごく理想的ですよね。実際、生理の話をされると男性的にはどうなんでしょうか。

H「男性って女性が思う以上に生理について抵抗がないというのはわかってほしいですね。ただ知らない、理解がないだけだと思うんです。話されて引いたり拒絶する人なんていないから、もっとオープンに話してほしい!」

F「僕は『今日生理でつらいんです』って我慢せずに言えるような環境であってほしいと思っているから、店長として、できるだけ隠さなくても平気な雰囲気作りを心がけています。既存のメンバー間であえて話題に出して、言い出せない子が『あ、話していいんだ』と感じてもらえるような工夫はしてるかも。あと、生理について知らないことが多すぎたので、大澤に教えてもらいました」

O「あの坂道でね。いっぱい語ったよね(笑)」

F「“生理=血が出る”という認識はあったんだけど、冷静に考えると突然出血するのって、大変なことじゃないですか。しかも、生理用品のCMを見ていると、かなりの量が出ているようだし。『痛みはどうなの? その間体調はみんな平気なの?』って疑問だらけで……。大澤に丁寧に説明してもらって、何がどうしてそうなるのか、この年齢で初めて理解しました。自分の想像以上に女性のカラダでは大変なことが起こっているんだとわかりました。知らないことを知るのって大切ですよね」

柿沼さん(以下K)「ベイクルーズは女性が7~8割いる職場なので、女子校のような感覚で話しやすいのかもしれないですね。ただ世代もあるのかなと思います。今までは生理の話ってオープンにできなかったし、隠すことが当たり前なところもありましたから。ただ、ここ2年ぐらい、フェムテック(※2)やフェムケア(※3)が盛り上がりを見せていて、テレビや雑誌でも多く取り上げられて話題にしやすくなっている部分があると思うんです。以前に比べて、男性の関心も高まっているような気がします」

(※2)Female(女性)とTechnology(テクノロジー)を掛け合わせた造語。

(※3)女性の健康やカラダをケアする製品やサービスの総称。

“フェムケアグッズをドンドン活用するべき!(柿沼さん)”

男性は女性の生理をどう思っているの?「知らないだけだから、もっとオープンに話して!」

――フェムケアグッズ、皆さんは活用していますか?

S「私は新しいものが好きで積極的に試したいタイプ。ナプキンはオーガニックタイプを使っていて、プルーフの吸水ショーツ(※4)も愛用しています。タンガタイプも使ってみたらすごくよかった!」

(※4)吸水性のある布を重ね、液体を吸収して快適な1日を約束する。

K「吸水ショーツは発売以来コンスタントに売れていて、米国発の“プルーフ”のタンガタイプは中でも人気商品。吸水速乾に優れていて、アウターに響きにくいからヨガをやる人にもおすすめ。肌がデリケートでかぶれやすい、という人にはオーガニックコットンを使用したエミリーウィークを選ぶ人も多いですね」

O「私は吸水ショーツに興味はあるんだけど、まだ踏み出せずにいて。でも今のお話を聞いて欲しいしかない……! あと月経カップ(※5)も気になっています」

(※5)膣の中に直接挿入して経血をためる。

K「月経カップは8時間ぐらい替えなくてもOKだったりと、ストレスフリーで過ごせるのが特徴。繰り返し使えてゴミが出ないのもうれしいポイント。アプリケーターフリーのタンポンなど、カラダのことはもちろん環境にも配慮したアイテムもあったりと、選択肢が一気に増えた印象。それまでは紙ナプキン一択だったから」

――様々なアイテムの中から自分に合うものを選べる時代にようやくなった、という気がしますね。

H「フェムケアアイテムを見る機会がなかったから、これをこう使うのかと今初めて知りました。そしてフェムテックっていう言葉も今日初めて知りました」

“フェムテックを始めるならまずはアプリから!(櫻井さん)”

――フェムテックで使っているものはありますか?

O「私はルナルナを使っています。生理周期を記録できるし、自己管理もできてかなり便利」

S「私は、ソフィとミチルというアプリをW使いしています。ソフィは生理日や体調を記録するだけで自分のタイプを診断してくれて、それに合わせたコラムを配信してくれるんです。ミチルはシンプルに生理周期の記録用として」

K「わが家では、夫がアプリを入れて生理周期を共有しているので旅行のときなどかなり便利。生理のときは避けてくれるし、どうしても重なってしまった場合は行動を考えてくれるので」

F「優しさの極み!! 生理を共有できたらさらに快適に過ごせそう」

“選択肢の広がりは男女平等になってきた証かも(古川さん)”

H「生理がつらいというのは大前提として、おしゃれなグッズや快適に過ごすためのアプリなど、いろいろ選べて正直うらやましい気持ちはありますね。自分も新しいものはどんどん試してみたいタイプだから」

F「たしかに。男性は選択肢が少ないから、シンプルにいいなって思う。でもこんなに選べるものが増えてきたってことは、今の世の中が男女平等になってきた証なのかも!」

男性は女性の生理をどう思っているの?「知らないだけだから、もっとオープンに話して!」

男性は女性の生理をどう思っているの?「知らないだけだから、もっとオープンに話して!」

今回は、フェムケアグッズを手に取りながら座談会を進行。手前にあるのはティーン向けの新シリーズ「タイニー」。エミリーウィークオリジナルポーチ付きで贈り物にもおすすめ。「エミリーウィーク」は、ブラとセットで着用可能。

男性は女性の生理をどう思っているの?「知らないだけだから、もっとオープンに話して!」

体質のタイプ診断機能が人気のアプリ。『ソフィ 生理日管理&生理不調ケア』。

【REPORT】検証結果

▶男の子は生理の話題に引いてない!
▶学校や職場でも生理の話ができるとHAPPY
▶怖くない! 知ったら欲しくなるフェムケアグッズ
▶フェムテックデビューはアプリから始めよう

デリケートゾーンケアの基本は“洗う、保湿、ほぐす、鍛える” 習慣化したい日常ケアを森田敦子 他が解説

男性も知っておくべき! 彼女や友達が苦しむPMS(月経前症候群)について

お話ししてくれたのは……

Oriens JOURNAL STANDARD バイヤー/MD
長谷川アルファさん

【PROFILE】
大澤さんと同じ役職で行動を共にすることも多い。毎月起こる女性のカラダと心の不調に理解を示し、そっと見守るタイプ。
@alphase_gram

Oriens JOURNAL STANDARD バイヤー/MD
大澤萌夏さん

【PROFILE】
PMSによるイライラや、気分の浮き沈みが悩みの種。櫻井さんから話を聞き、フェムケアグッズへの興味が高まり中。
@moeca0812

Oriens JOURNAL STANDARD プレス/ストアマネージャー
古川元気さん

【PROFILE】
女性が多い職場ゆえ、生理の知識を深めるべく勉強中。カラダの悩みを隠さず話せる環境作りがモットー。
@genki_furukawa_

Oriens JOURNAL STANDARD バイヤー
櫻井花ノ子さん

【PROFILE】
ユニセックスブランド「オリエンス ジャーナル スタンダード」のバイヤー。好奇心旺盛で、話題のグッズにも詳しい。
@_kanoco_sakurai_

EMILY WEEK コンセプター
柿沼あき子さん

【PROFILE】
女性のカラダの変化と、それぞれの選択に寄り添うライフスタイルブランド「エミリーウィーク」のコンセプター。
@akikokamnu

 

『mini』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

生理中はグッズやサプリに頼って快適に! 今すぐ見直したい10の生活習慣を産科婦人科医が解説

最新フェムケアグッズ20選|生理用吸水ショーツの洗い方や月経カップの使い方も解説[産科婦人科医 監修]

デリケートゾーンケアグッズ10選|黒ずみには美白ケア! 電車内や就寝前にできる膣トレも紹介[産科婦人科医 監修]

text_YOKO SUENAGA
mini 2022年2月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

web edit_FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ