5人に1人が“まつ毛ダニ”!?オトナ必須の目元ケアを女医が伝授

出典: FASHION BOX

着こなしに変化をつけるとき、とても便利なのが柄物。でも、印象が強いだけに、組み合わせ方に悩む人も多いのでは? 大人が上手に柄物を取り入れるためのコツをご紹介

1,800本の針を目元に貼って寝る!?進化系アイケア速報

お話を伺ったのは……

出典: FASHION BOX

あまきクリニック院長 味木 幸先生
日本眼科学会専門医。慶應義塾大学医学部卒業。2003年に現クリニックを開院。肌など美容悩みにも医療でアプローチする。4児の母。

眼科医が警鐘!第一印象を左右する目力が急速に衰えるワケ

まつ毛の減少

エクステより貧弱まつ毛の育毛を大至急!

出典: FASHION BOX
育毛効果が期待できる米由来成分に、ビオチンや亜鉛などミネラルもたっぷり。まつ毛の成長サイクルを整えビワ葉エキスで抜けにくくする“飲むまつ毛美容液”。バンビウィンク 60粒 ¥3,200(オルト)

整形級に顔が変わる⁉︎珠玉のビューティサロンはココ!

出典: FASHION BOX
発酵エキスなど有用成分と心地よく刺激するツールでたるみ、むくみを撃退。まつ毛もケアしてくっきり。ジェニフィック アドバンスト アイセラム ライトパール アイ アンド ラッシュ20mL ¥9,000(ランコム)

まつ毛も加齢によってボリュームダウン。

「抜けるサイクルに新生するサイクルが追いつかず、まばらになるのは50代から。でも35歳を過ぎたらまつ毛が弱く細く短くなっていき、さらに上まぶたが重くなるので、まつ毛も下向きで目立たない存在に。アラフォーは、負担になるエクステでまつ毛を盛るより育毛適齢期と心得ましょう」(味木先生)

アイラインが引きにくい女性は必見!医師が教える目元ケア

まつ毛ダニ

5人に1人のまつ毛ダニで抜け毛も加速

まつ毛ダニ保有率は、50歳で5人に1人。インサイドラインやマスカラのクレンジング不足など衛生面の不備がその原因です。

「症状は、まつ毛の根元のチリチリ感やかゆみ。抜け毛や逆さまつ毛、上まぶたの裏にくっつくとアレルギー性結膜炎にもつながります。対策は丁寧なクレンジングで、アイシャンプーもオススメ」(味木先生)

ドライアイ

目が乾く不快感の他、瞳の輝きが減り充血の原因に

出典: FASHION BOX
目の乾燥にきくルティン、ラクトフェリン、EPA・DHAに、涙液分泌を促す乳酸菌をプラス。瞳はもちろん、目まわりの肌も潤う力がアップ。ティアグロス 30粒入り ¥2,376(ロート製薬)

目が乾く、疲れる、ゴロゴロする……。オフィスワーカーの約6割が、ドライアイ、もしくは予備軍といわれています。

「目を守る涙とマイボーム腺の油分が減り、目の表面に水分が留まりにくくなるドライアイ。年齢を重ねるほど乾きやすくなりますが、長時間のパソコンやスマホでまばたきの回数が減ること、コンタクトレンズも大きな要因に。意識してまばたきの回数を増やし、家ではめがねを使用。オメガ3、6、9など良質な油もたっぷり摂りましょう」(味木先生)

[眼精疲労・ドライアイ]目が乾く、目が疲れたと感じたらすぐできる対処法

白目のにごり

加齢、酸化、糖化、ドライアイに注意

出典: FASHION BOX
ビタミンA、Cとビオチンに、糖化、白目の黄ぐすみ、ピント調節にアプローチする成分をプラス。さらにまつ毛も長く強く。BRIGHT LINK 60粒 ¥4,500(ポーラ)

青みがかった赤ちゃんのころから、透き通る10代を経て、30代半ばを過ぎたあたりから濁ってくる白目。

「これも立派な加齢現象。20歳以降は、白目の上の白い膜が減り半透明だった結膜が透明化し、くすんで見えます。その他、糖化や酸化による黄ばみ、ドライアイや血管が目立つことで充血も。抗酸化作用のあるビタミンA摂取は効果的です」(味木先生)

白目のシミ

日焼けや喫煙で、白目にシミができるという恐怖

白目の黄ばみ、と思ったら全面に広がるシミだった、というケースもあるそう。

「老化症状ですが、喫煙や日焼けの習慣があると30代から出る人も」(味木先生)。

眼科と皮膚科を併設しているあまきクリニックではレーザーで治療可能(白目のシミ1カ所¥30,000)。

[デスクワークに疲れたら…]お疲れ女子向け癒やし情報まとめ

★味木先生オススメの目薬

普段使いの目薬は穏やかな処方を

出典: FASHION BOX
ピント調節筋のコリに効く成分と、代謝を促すビタミンB6を最大濃度配合。防腐剤不使用でコンタクト使用時にも。ソフトサンティア ひとみストレッチ 5mL×4本 ¥1,200(参天製薬)

白目の充血を目薬で取る習慣のある人は要注意。

「充血を取る成分の多くは血管収縮剤で、即効性はありますが多用することで逆に充血しやすくなるリスクも。日常的に使うなら、コンタクトレンズユーザー用など血管収縮剤フリーの目薬がオススメです」(味木先生)

目尻のシワを気にせず笑いたい!ワガママを叶える新作コスメ

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
photo_DAISUKE KUSAMA[impress+]
text_ERI KATAOKA
edit_SUMIE YOSHIDA[& ROSY]
web edit_FASHION BOX, SATOKO ISHIKAWA[vivace]
& ROSY 2019年10月号
【いま読まれている人気記事】
辛酸なめ子が電車で目撃!レジ袋から見えるアレにザワつく……
その兆候、ヤバいかも…日本人の4人に1人の命を奪う血管病のサイン
【心臓血管外科のスーパードクターが実践している秘密の健康法】マネできる5つの習慣
突然死のリスクを下げる! 医師に聞いた、血管力を高める食べ方
血管をメンテナンスする睡眠&入浴法を医師に聞いた!
シングルも既婚者も貯蓄できる!お金が貯まる2つのワザ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ