OLは身につけておくべき! 先輩が助けたくなる美しいお願い言葉

出典: FASHION BOX

社会人であれば、仕事でお願いをすることもあるはずです。お願いの言葉も、あなたの言い方ひとつで丁寧な印象に変わります。思わず、相手が助けたいと思うような言葉遣いを身につけておきましょう。きっと仕事も円滑に進みますよ。

このコンテンツの監修者は……

【Profile】
山口謠司(やまぐち・ようじ)さん

1963年、長崎県生まれ。大東文化大学文学部准教授。博士(中国学)。テレビやラジオの出演も多く、NHK文化センター、朝日カルチャーセンター、中日文化センターなどでも定期的に講演や講座を開いている。『日本語を作った男 上田万年とその時代』(集英社インターナショナル)で第29回和辻哲郎文化賞受賞。『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』(ワニブックス)、『心とカラダを整える おとなのための1分音読』(自由国民社)など、著書多数。

【オススメ記事】
印象が変わる! プロ解説の今すぐ使える美しい言葉づかい

目上の人に助けを求めたいとき

出典: FASHION BOX

×:やりがちな言葉遣い

「手伝ってください」
「力を貸していただけませんか」

○:美人の言葉遣い

「お力添(ちからぞ)えいただけますでしょうか」
「お知恵を拝借(はいしゃく)したいのですが」
「お力添え賜(たまわ)りたく、お願い申し上げます」

ワンポイントアドバイス
「いただけますでしょうか」という尊敬語よりも「賜りたく」という謙譲語を遣うほうが、目上の人にお願いごとをする場合はふさわしい。

 

命令調ではなく、相手に配慮した疑問形がスマート

上司に手伝いを頼むのは、なかなか言い出しにくいと思います。気持ちよく手伝ってもらうには、やはり言葉選びが大切になります。

お力添えとは、サポート、アシスト、フォローといった意味の言葉です。少し手助けしてください、というときに遣います。今の時代でしたら、「サポートしていただけませんでしょうか」「フォローをお願いします」「アシストしていただけたら助かります」といった言い方でもよいかもしれません。

また、「貸してください」という言い方だと、お時間あるときにちょっと手伝ってください、という軽いレベルのことととられてしまうかもしれませんので、「お貸しいただけますか」という言い方のほうが、より積極的に手伝ってほしい気持ちが伝わります。日頃から自分に「貸して」より相手から「借りる」という意識をもつことが大切です。

【オススメ記事】
ビジネスで使われる、正しく意味を理解すべき外来語

「いただく」「拝借する」「賜る」を遣い分ける

「借りる」をさらに丁寧にいう言葉が「拝借」です。

「拝」という漢字は左側の部首がてへん、右側のつくりも「手」を表し、右手と左手を合わせた形をしているのです。大切なものを受け取るときは片手ではなく両手で受け取るように、相手から丁寧に大切に受け取る、ということになります。そういう気持ちをもって言うようにしていただきたい言葉です。

「拝」は「拝(おが)む」とも読み、神社仏閣などで神様や仏様を拝むときに遣う漢字ですから、相手に最大限の敬意を表すことにもなります。「拝」のつく表現には「拝啓」「拝読」「拝受」「拝承」「拝見」「拝賀」などたくさんありますので、上手に会話やメールなどに取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、「いただく」「拝借する」「賜る」といった表現も、効果的に遣い分けることができれば、さらに知性に磨きがかかります。

【オススメ記事】
ビジネスマナーは社会人の基本! 恥をかく前に正しい言葉を身につけて

相手の手を止めて何かお願いしたいとき

出典: FASHION BOX

×:やりがちな言葉遣い

「お忙しいところ、申し訳ございませんが」
「今、大丈夫ですか?」

○:美人の言葉遣い

「ご多忙中、誠に畏(おそ)れ入りますが」
「少しお時間を頂戴(ちょうだい)してよろしいでしょうか」

ワンポイントアドバイス
「お時間を頂戴する」という言い方は、忙しい相手の貴重な時間をいただく、という表現なので、尊重している気持ちが伝わる言葉遣いのひとつ。

【オススメ記事】
頼み方ひとつで仕事がラクに!? 上司が助けたくなるお願いの仕方

「畏れ入ります」は畏(かしこ)まっているときに遣う

相手が仕事中など、ほかのことに集中しているとき、声をかけるのは気が引けます。そういう場面では、「お忙しいところ」を「ご多忙中」と言ったほうが、あらたまった言い方になります。

また、「お邪魔して申し訳ありません」という気持ちは、「畏れ入ります」という言葉で伝えたほうが、より大人の女性らしい言い方になると思います。

「畏れ」は畏まるという意味で、日本の各地に伝わる巨人の妖怪「だいだらぼっち(大太法師)」を表した漢字です。田の部分が大きな頭、下の部分は体で、長い手と足があります。つまり、だいだらぼっちの気持ちは自分の了見ではわからないので畏まっている、畏敬の念を抱いている、ということになるのです。

声をかけようとしている人が、今、どんな気持ちでいるのかわからないので、畏まってお声をかけさせていただきます、という気持ちを表します。

【オススメ記事】
乾杯は音を鳴らさない!? ワインマナーで覚えておきたい6つの基本

それぞれの漢字が表す気持ちを理解することが大切

「おそれ」には「畏れ」のほかに「怖れ」「恐れ」という漢字があります。そしてそれぞれが表す気持ちがあります。メールや手紙では遣い分けをしましょう。

「怖れ」は、りっしんべんがついていますから、心を表し、つくりは布という字です。ですから、心に布がかかって見えない状態を示しているのです。

何かをやらなければいけないとき、それが自分にできるかどうか、先のことが見えないような不安な気持ちのときに遣います。

「恐」は後ろからワッと脅かされるような、何が起こっているかわからない恐怖心のことです。ですから「恐縮ですが」は、何が起こるかわからないので身も心も縮こまっています、という気持ちを伝える言葉です。

同じ「おそれ」でも込められた気持ちはそれぞれに違います。自分の心をどう伝えるかを考えて言葉を選ぶ、それができるのが本当の美人だと思います。

(抜粋)

出典: FASHION BOX

書籍『美人は上品な言葉遣いでできている オトナ女子のための「語彙力」練習帳』
著者:山口謠司

イラスト/chieko
構成・編集/小西眞由美 西垣一葉(春燈社)
WEB編集/FASHION BOX
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
【よく読まれている記事】
辛酸なめ子が電車で目撃! レジ袋から見えるアレにザワつく……
シングルも既婚者も貯蓄できる! お金が貯まる2つのワザ
50歳男性の4人に1人が結婚経験ナシ……“おひとり様男性”の実態に迫る!
ネットで話題の「子ども部屋おじさん」は“毒親”の影響で生まれた!?
パパの人形は浴槽へ……犬山紙子が愛娘の斜め上をいく行動を告白
夢のマイホーム購入のために……お金を貯めるべき4つの理由

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ