テニス 伊達公子さん・シワの数が多くても、若い頃よりも素敵でありたい

出典: FASHION BOX

GLOW創刊9周年記念のスペシャル企画として、「エイジンググレイスフリー」を体現していると思う素敵な女性に、その生き方のコツをお聞きしました。力まない自然体な雰囲気の中に、優雅さや凛とした品性を感じるのはどうしてなんでしょう?そのヒントになるようなことをたくさん見つけることができました。

こんな雑誌が欲しかった!『素敵なあの人』におしゃれ業界人が興奮

あと50年も楽しめる!そう思えば、なんでもチャレンジできる

《テニスプレイヤー》伊達公子さん

【プロフィール】1970年生まれ、京都府出身。6歳でテニスを始め、1989年プロに転向。世界ランクは自己最高4位。2度のキャリアを経て2017年9月現役引退。現在は、テニス番組などの出演のほか、ジュニア育成プロジェクト、環境整備の提言などテニスの普及に尽力。

シワを気にすることよりも存在感のある生き方がしたい

日本テニス界のレジェンドとして、輝かしい実績を残してきた伊達公子さん。2017年9月に現役引退し、今は新しい立場でテニスに関わっている。「長くキャリアを続けられたことに満足しているので、未練も後悔もありません。今後は新しいチャレンジと同時に、これまで得てきたものを社会貢献や若手の育成などを通して、世の中に返していきたい」と、見せる笑顔はポジティブでまばゆいばかり。年齢との向きあい方も実に爽やか。

「30歳になる時に、人生が終わる気がして憂鬱だったんですが、実際には不安や絶望なんてなく、すごく楽しかったんです。40代はもっと充実していたから、50代にはなにが待ち受けているのか興味津々。年齢を重ねるのが楽しみ。体力や肌が衰えるのは仕方ないことだけど、これまでの経験や学びはそれ以上の価値があると思います。シワの数が多くても、若い頃よりも素敵でありたいし、オーラや存在感のある生き方がしたい」

モデルさんってどうしてる?年齢が出やすい首のシワへの対抗策

110歳まで生きると思えばできることはたくさんある

出典: FASHION BOX
ニットトップス6万9000円、パンツ11万円(ともにシクラス/ザ シークレットクローゼット二子玉川)ピアス スタイリスト私物

変化を潔く受け入れる彼女の強さの源は、GLOW世代へのエールにも思える人生観。

「伊達家は長生き家系で、100歳以上は当たり前なんです。なので私は、健康なまま110歳を目指そうと思ってます。今は次の50年のスタートだから、いろんなチャレンジができる。人生の大きな決断も思いきれる、恋愛や結婚だってまだまだ大丈夫。新しいことを始めるにしても今までの見識がありますから、年齢がアドバンテージになります。この先もっと楽しいことがたくさん起きるんじゃないかと思ってワクワク。大真面目に、元気でかわいいおばあちゃんになるのがモットーです」

そのためにも体のメンテナンスはしっかり。「私は回遊魚的で、動いているほうが調子がいい。体を動かして汗をかいて、家では温・冷の交代浴で1時間くらい入浴。食べるのが大好きなので、年1~2回人参ジュースのファスティングをして溜まったものをリセット。体の循環をよくするように気を付けています」

老後資金2000万が必要? お金のプロが教える「人生100年時代」保険の選び方

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
撮影_YUJI TAKEUCHI[BALLPARK]
スタイリング_西尾妹子
ヘア&メイク_小菅 孝[coque]
取材・文_安田晴美
web編_FASHION BOX、安部麻井子[vivace]
GLOW 2019年11月号
【いま読まれている人気記事】
意外と見られてる!バッグ内の整理に¥100グッズが超使える♪
肩甲骨はがしとマッサージで肩こり解消! おすすめ足裏マッサージとストレッチ まとめ
「湯通しキャベツ」でダイエット! 痩せるための正しい食べ方とは?
2分でお洒落まとめ髪!“ゴムだけ”“巻かない”時短テク
田中みな実 “初”写真集が12月発売決定!「お尻作りを頑張りました」
ひとつ結びを華やかに!3分で仕上がる簡単ヘアアレンジ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ