人間関係に疲れやすい人の特徴と対処法、心がけたいポイント

出典: FASHION BOX

人間関係で生じるストレスに悩んでいませんか? 誰かとコミュニケーションをはかることは、同時にストレスを抱える原因にもなります。この記事では、人間関係でストレスを溜めやすい人の特徴をはじめ、人間関係で生じるストレスのチェックポイント、ストレスへの対処法などをご紹介。また、人間関係に疲れたときに聞きたい名言、さらに、人間関係に疲れないために心がけたいポイントを解説していきます。ストレスを解消したい、人間関係を円満にしたい。そんな悩みを打開するときの参考にしてください。

≪目次≫
●人間関係でストレスを溜めやすい人の特徴
○特徴1:自分の意見を言えない
○特徴2:神経質な性格
○特徴3:完璧主義者
●人間関係のストレスがどのくらい溜まっている……?
○これってストレス? その1:感情的になりやすい
○これってストレス? その2:あまり笑わない
○これってストレス? その3:趣味や予定がない
○これってストレス? その4:話し相手がいない
○これってストレス? その5:人と接したくない
●人間関係のストレス対処法
○対処法1:物事を客観的に見る
○対処法2:プラス思考でとらえる
○対処法3:距離や時間を置く
●人間関係に疲れたときの対処法
○対処法1:心をリラックスさせる
○対処法2:趣味を持つ
○対処法3:他のコミュニティに参加する
●人間関係に疲れたときに聞きたい名言
○名言1:山から遠ざかればますますその本当の姿を見ることができる。友人にしてもこれと同じである。
○名言2:弱いものは赦すことができません。赦しとは強いものの性質なのです。
●人間関係に疲れないために心がけたいポイント
○ポイント1:人の目を気にしすぎない
○ポイント2:嫌われることを恐れない
○ポイント3:ありのままの自分でいる
●自分の気持ち次第で、人間関係は変えられる

人間関係でストレスを溜めやすい人の特徴

人間関係でストレスを溜めやすい人の特徴
人間関係でストレスを溜めやすい人の特徴
出典: FASHION BOX

ストレスの原因、その多くは人間関係が発端といわれています。会社や学校など、さまざまな人が集まるコミュニティで生活を送る私たち。そのなかで生じるストレスをうまく発散できず、悩みを抱え込んでしまう人がいます。ここでは、そんな人間関係でストレスを溜めやすい人の特徴をまとめてみました。

特徴1:自分の意見を言えない

ストレスを溜めやすい人は、自分の意見などをうまく言えないことが多いようです。何事にも受け身なため、自分の感情を抑えてしまうからかもしれません。他人から嫌われたくない、悪く思われたくないなど、心の弱さから本音を口に出せず、人間関係に疲れやすくなってしまうのです。

特徴2:神経質な性格

神経質な性格もストレスを溜めやすい人の特徴でしょう。周囲の細かいことにも気配りができる反面、無神経な人の言動にストレスを溜めてしまいます。また、常に先のことを心配しているため、いつも漠然とした焦りや不安などを抱え、それもストレスにつながるようです。

特徴3:完璧主義者

理想が高く妥協ができないため、小さな失敗でも許せない完璧主義者もストレスが溜まりやすいかもしれません。自分の強いこだわりを周囲にも求めてしまい、人間関係を悪化させてしまうこともあるでしょう。自意識過剰のため、必要以上に周りからのプレッシャーを感じてしまい、ストレスを生む原因となっていることもあります。

【オススメ記事】
“言い方”で人間関係がうまくいく! ポジティブワード13選

人間関係のストレスがどのくらい溜まっている……?

人とかかわり合うなかで、大なり小なり誰もが感じたことのある人間関係のストレス。「もしかして、私、人付き合いでストレスが溜まっているのかな……」そう感じて疲れてしまっていませんか? 最近の自分の様子を振り返ってみましょう。

これってストレス? その1:感情的になりやすい

感情的になりやすいと感じている場合、ストレスが溜まっているのかもしれません。自分の意見や本心が言えずにいら立ってしまい、ささいなことにも感情を爆発させてしまいそうになることも……。

これってストレス? その2:あまり笑わない

近頃、大きな声で笑いましたか? ストレスが溜まっているときは、思いっきり笑ったりするのが難しいかもしれません。あまり笑わなくなったと感じている人は、ストレスが笑顔を遠ざけていることもありえるでしょう。

これってストレス? その3:趣味や予定がない

オンとオフの切り替えがうまくできないことも、ストレスを溜める原因のひとつかもしれません。毎日仕事ばかりで、大好きな趣味を持っていなかったり、休日に予定がないという状況は、ストレスを発散する機会が少ないともいえそうです。

これってストレス? その4:話し相手がいない

人間関係で生じたストレスの話を聞いてくれる恋人や友人、家族などはいますか? 愚痴や弱音を吐くことがストレス解消につながることもあるので、話し相手がいない人はストレスが溜まりやすいかもしれません。

これってストレス? その5:人と接したくない

人間関係そのものが面倒で疎ましく感じる……。人との接触がおっくうになる原因のひとつに、人間関係のストレスが挙げられるでしょう。職場などでのリアルな交流のみならず、SNSでのつながりにもストレスを感じてしまう場合も。

【オススメ記事】
[人間関係をよくするテク] 効果絶大な笑顔の作り方・身だしなみをチェック!

人間関係のストレス対処法

人間関係でのストレス対処法
人間関係のストレス対処法
出典: FASHION BOX

社会生活を送る以上、人とのかかわり合いを避けては通れません。しかし、できることならストレスを溜めることなく、周りの人と円滑な関係を築いていきたいもの。ここでは、人間関係でストレスを感じたときの対処法をご紹介します。

対処法1:物事を客観的に見る

自分の固定観念が、ストレスを生む原因になることがあります。「こうあるべき」と最初から決め付けてしまっては、物事の本質が見えづらくなってしまいます。相手の言葉に耳を傾けたうえで、自分の考えも冷静に客観視してみましょう。

対処法2:プラス思考でとらえる

とらえ方や視点を変えてみることもストレス対処法になります。思ったことを言わずに飲み込んでしまったときは、「自分の意見が言えなかった」ではなく、「相手の意見を尊重した」ととらえてみるのも一案です。もしかしたら、その状況では相手の意見が最適だったという場合もあります。自分にはない意見を取り入れ、試してみるいい機会と考えると、自分の思いとは違った周囲の言動にもストレスを感じにくくなるでしょう。

対処法3:距離や時間を置く

ストレスの原因になっている人との接触を少なくしてみましょう。ある程度の距離を置くことは、相手との関係を見直すいい機会になります。また、自分の欠点や改善すべき点などを省みる時間にもつながるはずです。

【オススメ記事】
余裕のある人・ない人は何が違う? 8つの心がけで人間関係の悩みも解消♪

人間関係に疲れたときの対処法

ストレスを溜め込み、人間関係が苦しくなってしまうこともある現代社会。ここからは、人間関係に疲れたときの対処法をご紹介します。

対処法1:心をリラックスさせる

気分転換は、もっとも手軽で有効な対処法のひとつではないでしょうか。人間関係に疲れた気持ちを癒やし、嫌な記憶を忘れさせてくれるでしょう。美味しいものをお腹いっぱい食べたり、買い物に出かけたり、気のおけない友達とおしゃべりをしたりなど、心をリラックスさせるようにしてみましょう。

対処法2:趣味を持つ

夢中になれる趣味を持つと、疲れた心もリフレッシュできそう。会社や学校など、ストレスを溜め込みそうな場所以外で過ごす時間が心を癒やし、仕事や学業とプライベートのオンとオフの切り替えにもつながるでしょう。

対処法3:他のコミュニティに参加する

私たちは、所属意識からどうしてもひとつの場所や集団にとらわれがちです。しかし、人間関係はそこでだけ築かれるものではありません。他のコミュニティにも参加し、さまざまな人たちとの交流をはかりましょう。新たに出会う人たちの言動や情報にふれることで、自分の固定観念や生き方が変わるかもしれません。

【オススメ記事】
人間関係を悪化させる8つの行動って? “すみません”がダメなワケ

人間関係に疲れたときに聞きたい名言

人間関係に疲れたときこそ、希望や勇気、癒やしをくれる言葉が聞きたくなります。ここからは、世界の偉人たちが残してくれた言葉をいくつかご紹介しましょう。

名言1:山から遠ざかればますますその本当の姿を見ることができる。友人にしてもこれと同じである。

山から遠ざかればますますその本当の姿を見ることができる。友人にしてもこれと同じである。

アンデルセン

世界の名言・格言 - goo辞書

デンマークの代表的な童話作家、詩人であるアンデルセンの言葉です。ストレスを感じていた人間関係から距離を置くことで、それらの見え方やとらえ方も変わってくるのかもしれませんね。

名言2:弱いものは赦(ゆる)すことができません。赦しとは強いものの性質なのです。

弱いものは赦すことができません。赦しとは強いものの性質なのです。

ガンジー

世界の名言・格言 - goo辞書

インドの宗教家であり、政治指導者でもあったガンジーの言葉。「許すことができる人は強い人、許すことができない人は弱い人」と説いています。無理はせずとも、少しずつ許すことができるような人間に近づいていけるよう、日々精進をしていきたいものです。

【オススメ記事】
人間関係がこじれる人は“気づかい”下手? 精神科医が解説

人間関係に疲れないために心がけたいポイント

ここまでは、人間関係で生じたストレスや疲労を克服・解消するための対処法などをご紹介してきました。しかし、できることなら人間関係に疲れることなく心穏やかに過ごしたいですよね。そのために心がけたいポイントを挙げていきます。

ポイント1:人の目を気にしすぎない

人の目を気にしすぎないことが大切なのではないでしょうか。周囲の視線や評価ばかりにとらわれると、自分で自分を追い込むことにもつながります。間違いやわからないことは誰にでもあるもの。あまり自意識過剰にならず、心のゆとりを持ってみましょう。

ポイント2:嫌われることを恐れない

嫌われることを恐れず、きちんと自分の意見や意思を相手に伝えましょう。適切な自己主張をすることは、何ら悪いことではないのです。それを抑え込んでしまい、ストレスを溜めるほうがよくないことだと心得ましょう。自分の意見を伝えるときのポイントは、抽象的ではなく具体的な言葉を使って会話をすることです。そうすると、自分がどうしたいのかが相手にわかりやすくなるため、「言ったのにわかってもらえない」「間違って解釈された」などの伝えたあとのストレスも軽減できるでしょう。

もちろん、自分の意見を伝えたからといって、すべてが思い通りになるとは限りません。自分の意見と相手の意見をすり合わせながら築いていくのが人間関係です。「面倒だから」と人間関係の構築から逃げたりしない心の強さを養うようにしてみましょう。

ポイント3:ありのままの自分でいる

無理のない、ありのままの自分でいることです。「ありのままの自分でいるなんて傲慢だ」という意見もありますが、それは裏返すと、周りの人のありのままを自分が許していないこととも考えられます。自分を認めること、許すことは恥ずかしいことではありません。それができるようになれば、周囲の人たちを認めたり、許すこともでき、円滑で良好な人間関係が築いていけるはずです。

自分の気持ち次第で、人間関係は変えられる

ストレスと背中合わせの現代社会では、人間関係に疲れてしまうのも当然のことなのかもしれません。しかし、私たち人間は、本来支え合いながら生きていくものです。自分を認め、相手を許し、お互いが相手に花を持たせるように心がければ、ストレスは軽減できるはず。安定した人間関係を築くためにも、一人ひとりと真摯に向かい合ったり、たまには距離を置いたりなど、無理のないように対応していきましょう。

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
文・編集/FASHION BOX

【いま読まれている人気記事】
お尻を鍛えて痩せる! 大殿筋が筋肉痛になること間違いなし、こげなつ流 女性の尻トレ方法を解説
ダイエットは朝ごはんがカギ! 痩せる朝ごはんのポイントとは?
高橋真麻が37歳で奇跡に近い妊娠を遂げた理由とは? 妊婦生活についても語る
垂れ尻を直すヒップアップの筋トレ! お家でできる簡単エクササイズ まとめ
肩甲骨はがしとマッサージで肩こり解消! おすすめ足裏マッサージとストレッチ まとめ
【膣トレ】やせたきゃ膣を締めるべし! くびれ母ちゃんが教える24時間の膣トレーニング

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ