引退後は結婚願望ゼロ!浅田真央が今夢中なスポーツは?

出典: FASHION BOX

『SPRiNG』に連載中の「美採集 BI+SAISYU」。今回は、「浅田真央×フェニックス」をテーマにした清川あさみさんのアート作品と、お二人の対談をお届けします。

宇垣美里のキレイに迫る! 溺愛アイテムは香りも重視♡

出典: FASHION BOX

清川あさみ(左)
1979年、淡路島生まれ。2003年より写真に刺しゅうをほどこす手法を用いた作品制作を開始。連続テレビ小説『べっぴんさん』ではタイトル映像やポスターのディレクションを手掛ける。代表作は「美女採集」「Complex」『千年後の百人一首』など。現在DOVER STREET MARKET GINZAで作品が展示されているほか、全国巡回中の「不思議の国のアリス展」にも出品。

浅田真央(右)
1990年愛知県生まれ。フィギュアスケート選手として大きな功績を残す。全国各地でサンクスツアー開催中。パラアスリートを応援する番組NHK BS1「真央が行く!」もチェック。

あいみょんと仲良し♡ 吉岡里帆がプライベートセルフィーを大公開!

浅田真央×フェニックス

フェニックス。
永遠に死なない伝説の鳥だから、永遠のスターであり芯の強さがある真央ちゃんにぴったり。

出典: FASHION BOX

A:ASAMI KIYOKAWA
M:MAO ASADA

現役時代は、行き詰まっても自分の気持ちは考えなかった

A 真央ちゃんが撮影するたびに改善点を探して、すぐに修正している姿は“さすがアスリート!”という感じ!

M ありがとうございます。今回のテーマが“不死鳥”だったので、最初はどう表現していいかわからなかったんです。でも、清川さんとお話していくうちに、なんとなくイメージができ上がっていったので、その後はすごくわかりやすく、楽しむことができました。

A 撮影を通して、すごくわかりあえた気がしてうれしかったよ。不死鳥って、伝説の鳥だからこそ、永遠のスターである真央ちゃんにピッタリだと思ったんだよね。あれ、褒めすぎ(笑)?

M 褒めすぎです(笑)。

A でも、永遠に死なない鳥というところが、普通じゃない感じと、芯の強さが出ている感じがして。

M 私も死んでも復活してくるというのを知って、“私の選手時代はそうだったかも”って思いました。周りが挑まなくてもいいということにも、自分で挑んでいくし、それができなくても、また復活して、やり遂げたいと思う姿が、似ているように感じたんです。

A やらなくてもいいといわれるのにやるのはどうして?

M 自分の目標があるからです。そうしないと、自分が後悔するんですよ。失敗しても、成功しても、できるまでやる。そういう意味では、“死なない”という表現があっているのかなと思いました。

ファッションの趣味が○○に激変!?岩堀せりのLA生活を直撃!

A どうしても、辛いときはどうしていたの?

M う〜ん……。選手時代は、もうやるしかないんですよ。立ち止まっていても次の試合はやってくるので、自分の気持ちを考えないようにしていました。

A 一度、自分の気持ちは度外視するんだね。

M はい。それからとにかく練習をしていました。それに、動いていると悩みも解けてくるんですよね。それくらい、必死でした。

A そっか。それに比べたら、引退をした今は、少し気持ちは解放されたんじゃないかな?

M そうですね。選手時代に比べたら、ちゃんと心は自分の中にあることがわかるんです。楽しい、悲しい、感動することがちゃんとできるようになったので、人間らしくなった気がします。

選手のときは、目標を達成する為にとにかくやらないと! とロボットでないといけないと思い込んでいました。でも、今は自由なスケートができるようになって、すごく楽しくなりました。

ブログが書籍化! “好き”をとことん追求して毎日が輝きだしたOLの話

引退時にあった結婚願望がいっさいなくなりました

A 今、スケート以外でいちばん楽しいことはどんなこと?

M すべてのことが楽しいです! いろんなところに行ったり、自由にご飯も食べることができて、すべてのことが新鮮に感じられるんです。

A 選手時代とは違う楽しみ方を、今はできているんだね。

M はい。もちろん、選手のときに、ひとつのことにあれだけ没頭できたのはすごくよかったし、いろんな方に応援してもらえたのは本当にいい経験になりました。オリンピックのように、心臓が飛び出そうなくらい緊張するということは、今はないですが、違う世界を経験できる今は、選手時代と同じ位、充実しています。

A ひとりの女性としても、考え方の変化があったんじゃない?

M はい。選手のときもそうだったんですが、今も挑戦することが大好きなので、どんなことも精一杯取り組むことを心掛けています。最近は、ボクササイズやトランポリンのエクササイズを始めたんですよ。さらにバッグに自分で作ったリボンをつけたりと、手芸などもするようになりました。

A あ! 衣装も好きでしょ?

M はい。昔から大好きだったので、今、手芸屋さんに行くとかわいい生地や凝ったデザインのものをみつけるとワクワクするんです。なので、今日の衣装もフィッティングのときからすごく楽しかったんです。清川さんはいきなり生地を切ったりするのでびっくりして(笑)。素晴らしいなと思いました。

A あはは。ミリ単位でその人の見え方が変わってくるからね。

梨花が断捨離できない服とは? 自ら語るファッション履歴

M 現役のときも、スカートの生地の分量や丈の長さはかなりこだわってました。

A やっぱり! 衣装と体のラインがすごく合っていたから、絶対こだわりがあるんだろうなって思ってた!

M 衣装は毎回かなり楽しみながらこだわっていました。

A さて、真央ちゃんも大人の女性になったけど、今だからこそ思う、理想の恋愛観はあるの?

M 私、引退した当初はすごく結婚がしたかったんですよ。でも、お仕事でいろんなことを経験させていただくうちに、その結婚願望がいっさいなくなってしまったんです。それくらい毎日が充実しているので、あまり考えたことがないかもしれないですね。ただ、おもしろくて、やさしくて、なんでも教えてくれる、一緒にいて合う人がいいですね。

A 真央ちゃん、それ、すごく理想が高いかも……(笑)。

M そうなんですか(笑)!?

俳優の恋人とラブラブ♡テイラー新作はロマンスがテーマ

自分の気持ちを言葉にしたらすごくラクになった

A あはは。今は『サンクスツアー』をしていると思うんだけど、そこではどんなことを感じた?

M 全国を回ることで、本当にたくさんの方に応援していただいていたことを改めて感じることができたんです。今、いろんなお仕事ができているのも、すべてスケートのおかげなので、本当に感謝しています。

それに、今は思ったことを抱えずに、ちゃんと言えるようになったんです。それができるようになってからは、すごく楽になって、“もっとラクに生きていいんだ”と思えるようになりました。

A それに気づいた真央ちゃんは、これからもどんどん楽しい人生が待っていそうだね!

M そうなるように、いろんなことに挑戦していきたいなと思っています。

新しい自分を発見!甘党女子におすすめしたい和菓子づくりの世界

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
art direction, styling, art work_ASAMI KIYOKAWA
photographs_AKIKO ISOBE
hair&make-up_MASAYOSHI OKUDAIRA
text_KANA YOSHIDA
web edit_FASHION BOX, AYAKI ANDO[vivace]
SPRiNG 2019年11月号
【いま読まれている人気記事】
菓子パンやカレーのルーも要注意!? やめないと心と体に危険が及ぶ食事とは
化粧水なら絶対コレ! 一度使ったら手放せない神アイテム5選
[笑える画像集]なんでそうなった!?街のおもしろ表示
【雑学】あの常識、実はウソだった!
全オトナ女子共感!絶対見せられない体のアノ部分[常滑川マリカの日常]
肩甲骨はがしとマッサージで肩こり解消! おすすめ足裏マッサージとストレッチ まとめ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ