スープにもメインにも変身!“3日間使い回せる”裏技レシピ5つ

出典: FASHION BOX

高3の男の子と中1の女の子の母でもある料理家のtottoさん。忙しい毎日でも、家族や自身が心地よく、健やかに過ごすための、ごはん作りのコツを教えていただきました。今回は、忙しい日が続くときでも「3日間使い回せる」便利なアレンジメニューをご紹介します。

教えてくれたのは……

出典: FASHION BOX

tottoさん
料理家、フードスタイリスト。雑誌、広告などで活躍しながら、食育活動にも力を注ぐ。著書に『毎日のごはんと心地よい暮らし』(宝島社)など。

朝10分で棒棒鶏が仕込める!夕飯づくりの手抜き法

▼忙しい日が続くときは……
ついでのごはん作りで翌日を助ける

《使いまわし》
3日間使える塩豚スープ

塩豚のかたまり2個と野菜をじっくり煮込んで、同時に調理。肉、野菜、スープのそれぞれを活用し、3日で食べ切るのが定番です。

◎材料(4人分)
豚肩ロースかたまり肉……2個(500g×2)
塩……大さじ2
じゃがいも……3個
にんじん……1本
玉ねぎ……1個
しょうがの薄切り……5枚
酒……大さじ2

◎作り方
1.豚肉をポリ袋に入れ、塩をすり込み、密封して冷蔵庫で1~2日置く。
2.じゃがいもは皮をむき、にんじんは3等分、玉ねぎは4等分に切る。
3.〔1〕を冷蔵庫から出して室温に戻し、まわりの水けをキッチンペーパーで拭く。
4.大きめの鍋に1.5~2リットルくらいの水、しょうが、酒を入れて火にかけ、沸騰したら〔3〕と玉ねぎを加えて弱めの中火で40分ほどゆでる。じゃがいもとにんじんを加えて、やわらかくなるまでさらに15分ほどゆでる。

“一週間分の食材買いだめ”はムダ!? 夕飯の献立は3日分考えておけばOK

《DAY1:夜》
ゆで塩豚 香味ソースがけとポテトサラダ

出典: FASHION BOX

肉2個のうち1個半は、そのまま1日目のメインに。香味ソースがそそります。同時にゆでたじゃがいもとにんじんは、つぶしたり切るだけでポテサラに!

◆メニュー1◆
ゆで塩豚 香味ソースがけ

出典: FASHION BOX

◎材料(4人分)
『塩豚スープ』のゆで塩豚……1個半(750g)
レタスなど好みの葉野菜……適量
削り節……適量
香味ソース[ねぎ(みじん切り)……1/3本分、すりごま……大さじ1、柚子こしょう……少々、しょうゆ……大さじ1と1/2、酢……大さじ1/2、ごま油……小さじ2]

◎作り方
1.香味ソースの材料すべてをよく混ぜ合わせる。
2.ゆで塩豚を食べやすくスライスする。
3.器に葉野菜を敷き、〔2〕を並べ、〔1〕と削り節をかける。
▲ついでに[ついで1]をする

◆メニュー2◆
ポテトサラダ

◎材料(4人分)
『塩豚スープ』でゆでたじゃがいも、
にんじん……各全量
きゅうり……1本
マヨネーズ……大さじ3
米酢……小さじ2
塩、黒こしょう……各少々

◎作り方
1.じゃがいもはフォークなどでつぶす。
2.にんじんは薄切りにする。きゅうりは薄切りにしてから塩少々(分量外)を振り、5分ほど置いてから水けを絞る。
3.ボウルに〔1〕〔2〕を入れ、マヨネーズ、米酢、塩、黒こしょうを加えてよく混ぜ合わせる。

《DAY1:ついでにしたこと》
[ついで1] 残った塩豚を刻んでおく
スープはそのまま、鍋にストック。ゆで塩豚は、1日目にスライスするついでに、残りを2日目のチャーハン用に1cm角に。当日は、フライパンで炒めるだけで済みます。

出典: FASHION BOX
出典: FASHION BOX

これで夕飯もなんとかなる!主婦が頼れる常備食材・神10

《DAY2:夜》
塩豚チャーハンとキャベツスープ

残りの肉は、ふわふわ卵とボリューム満点に仕上げるチャーハンへ。塩豚スープはキャベツとさっと煮直し、濃厚なうまみを楽しみます。

出典: FASHION BOX

◆メニュー1◆
塩豚チャーハン

◎材料(4人分)
[ついで1]のゆで塩豚……全量
温かいごはん……茶碗4杯分
卵……3個
小ねぎ……4本
青じその葉……10枚
しょうゆ……小さじ1と1/2
塩、こしょう……各少々
ごま油……小さじ1
サラダ油……適量

◎作り方
1.小ねぎは小口切りに、青じそはせん切りにする。卵は割って溶きほぐす。
2.フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、卵を入れて箸で混ぜながら半熟に焼き取り出しておく。
3.同じフライパンにサラダ油少々を加え、1cm角に切ったゆで塩豚、ごはん、小ねぎを入れて手早く炒め、塩、こしょうを振り、〔2〕を戻し入れて炒め合わせる。
4.しょうゆとごま油を加えて混ぜ合わせ、青じそをのせる。

◆メニュー2◆
キャベツスープ

◎材料(4人分)
[ついで1]のスープ……[ついで2]用の200mLを取りおいた残り全量
キャベツ……3枚、小ねぎ……5本

◎作り方
1.キャベツは一口大に切り、小ねぎは小口切りにする。
2.キャベツをスープに加えて火を通し、小ねぎを散らす。
▲ついでに[ついで2][ついで3][ついで4]をする

《DAY2:ついでにしたこと》
[ついで2] [ついで1]のスープを少しだけ残す

出典: FASHION BOX

塩豚スープを200mL残して、翌朝の味噌汁用に保存。うまみが強いからだし代わりになる。

[ついで3] スープで使う小ねぎを多めに刻んで冷凍

出典: FASHION BOX

小ねぎを多めに小口切りにして、冷凍ストック。味噌汁やおかずに活用できて便利。

[ついで4] キャベツスープのついでにキャベツマリネ(4人分)を仕込む

出典: FASHION BOX

せん切りにしたキャベツ250gと塩小さじ1をポリ袋に入れてもみ、15分ほど置く。キャベツから出た水分を絞って捨て、酢大さじ2、砂糖、オリーブオイル各大さじ1を加えてさらにもみ、冷蔵庫で保存する。

料理研究家直伝の食材保存方法で調理時間をグッと時短!

《DAY3:朝》
塩むすびとキャベツマリネ、具だくさん味噌汁

残りのスープをベースに、だしなしで作る味噌汁と2日目のついでに仕込んだキャベツマリネに、塩むすびを添えて、バランスのいい朝ごはんがパッと完成!

出典: FASHION BOX

◆メニュー◆
具だくさん味噌汁

◎材料(4人分)
[ついで2]のスープ……200mL
小松菜……8本
卵……4個
豆腐……1/3丁
[ついで3]の冷凍小ねぎ……3本分
味噌……適量

◎作り方
1.鍋に残ったスープに水400mLを足して中火にかけ、小松菜、豆腐を加えて火を通し、沸騰したら卵を落とす。
2.味噌を加えて味を調え、小ねぎを散らす。
▲ついでに[ついで5]をする

《DAY3:ついでにしたこと》
[ついで5] 小松菜を多めに切っておき夕飯用に

出典: FASHION BOX

味噌汁の小松菜を切るついでに、多めに切ってビニール袋へ。その日の夕飯のときに、さっと炒めたり、おひたしにしたりして、あっという間にもう1品食卓へ。具材を切っておくと、重い腰も上がりやすくなります。

**tottoさんコメント**
ついでの手間で翌日もおいしく
忙しい数日間は、同時調理した肉と野菜、スープをベースに乗り切ります。コツは、数日間の献立を踏まえて、調理のついでに、翌日以降の簡単な仕込みをしておくこと。具材を刻んでおいたり、副菜を仕込んだりするだけで、次の日のごはん作りがぐっとラクに。

冷凍生活アドバイザーが教える! 目からウロコの「冷凍術​」

「肉がない」日を乗り切るレシピ!男子も大満足の唐揚げ&パスタ

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
photograph_Aya Sunahara
cooking&styling_totto
text_Kaori Akiyama
edit_Ayaki Ando[vivace], FASHION BOX
リンネル 2019年6月号
【いま読まれている人気記事】
高級旅館・ホテルで恥をかく前に知っておくべきマナー
お金が貯まらない人が見直すべき4つの消えモノ
ダイソー、キャンドゥ、Seriaの人気アイテムを比較!
朝は洗顔料を使うべき?今さら聞けない洗顔ケア
使用感をレポ!片づけのプロが選んだ100均収納グッズ
洗濯物はたたまない!暮らしのプロの洗濯方法

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ